【株式】ガンホー、朝方から買われて400円台に肉薄 『Ragnarok M』拡大、『パズドラ』復調の1Q好決算を評価 『Ragnarok M』の日本配信にも関心



【株式】ガンホー、朝方から買われて400円台に肉薄 『Ragnarok M』拡大、『パズドラ』復調の1Q好決算を評価 『Ragnarok M』の日本配信にも関心ガンホー・オンライン・エンターテイメント<3765>が難地合い下で朝方から買いを集め、一時399円と400円に迫る場面があった。ガンホーは、前日5月13日に発表した2019年12月期の第1四半期(1~3月)決算がYonYでもQonQでも大幅な増収増益となったことが市場から素直に評価されているようだ。この第1四半期は、連結子会社GRAVITYのスマートフォン向けゲーム『Ragnarok M』の世界展開の寄与に加え、主力タイトルの『パズドラ』も2四半期連続で回復傾向を示すなど、業績が目に見えて好転している。なお、『Ragnarok M』の日本配信に向けた動きを5月中に正式にアナウンスすると発表したことも市場の関心を集めているもようだ。【関連記事】ガンホーの決算説明会資料より…世界展開で『Ragnarok M』の売上寄与拡大 主力の『パズドラ』も高水準のMAU持続で回復[...]

【株式】ガンホー、朝方から買われて400円台に肉薄 『Ragnarok M』拡大、『パズドラ』復調の1Q好決算を評価 『Ragnarok M』の日本配信にも関心 is a post from: Social Game Info




最初にコメントにしてください

コメントを残す

Your email address will not be published.