エクストリーム、19年3月期の営業益は3.2倍の9.45億円と大幅増…『ラングリッサーモバイル』が大きく貢献、コンテンツプロパティ事業の営業益は32倍に



エクストリーム、19年3月期の営業益は3.2倍の9.45億円と大幅増…『ラングリッサーモバイル』が大きく貢献、コンテンツプロパティ事業の営業益は32倍にエクストリーム<6033>は、5月14日、2019年3月通期の連結決算を発表し、売上高62億8600万円(前の期比92.7%増)、営業利益9億4500万円(同220.1%増)、経常利益8億5100万円(同185.6%増)、最終利益5億6000万円(同220.1%増)だった。 同社では、EPARKテクノロジーズが子会社に加わったことで売上が23億円増えたほか、利益面では『ラングリッサーモバイル』が大きく貢献した、としている。『ラングリッサーモバイル』が中国と台湾・香港・マカオでヒットし、ライセンス許諾先である天津紫龍奇点互動娯楽を通じてゲーム販売額に応じたロイヤリティ収益が発生した。この結果、ゲーム・キャラクターの知的財産を活用するコンテンツプロパティ事業の売上高は5200万円から8億0700万円、営業利益は2400万円から7億8500万円にそれぞれ急拡大した。続く20[...]

エクストリーム、19年3月期の営業益は3.2倍の9.45億円と大幅増…『ラングリッサーモバイル』が大きく貢献、コンテンツプロパティ事業の営業益は32倍に is a post from: Social Game Info




最初にコメントにしてください

コメントを残す

Your email address will not be published.