カドカワ、2019年3月期は40億円の最終赤字 ドワンゴの固定資産など41億円を減損 書籍とゲーム、映像は好調 今期は大幅増益予想



カドカワ、2019年3月期は40億円の最終赤字 ドワンゴの固定資産など41億円を減損 書籍とゲーム、映像は好調 今期は大幅増益予想カドカワ<9468>は、本日(5月14日)、2019年3月期の連結決算を発表し、売上高2086億0500万円(前の期比0.9%増)、営業利益27億0700万円(同13.9%減)、経常利益42億0500万円(同13.2%増)、最終損益40億8500万円の赤字(前の期は10億3800万円の黒字)だった。 営業利益と経常利益は2ケタ減、最終赤字転落となったが、「niconico」を中心とするウェブサービスが25億円の赤字になるなど苦戦したことが主な要因だ。「BOOK☆WALKER」など電子書籍を中心とする出版事業や、映像・ゲーム事業が好調に推移したという。経常利益はプラスだが、為替差益など営業収益が伸びた一方で、為替差損が計上されないなど営業外損失が減ったことによる。最終損益については既報のようにドワンゴの固定資産などを減損損失として計上したことによる。映像・ゲーム事業を見[...]

カドカワ、2019年3月期は40億円の最終赤字 ドワンゴの固定資産など41億円を減損 書籍とゲーム、映像は好調 今期は大幅増益予想 is a post from: Social Game Info




最初にコメントにしてください

コメントを残す

Your email address will not be published.