東映アニメ、19年3月期の営業益は39.6%増の157億円…『ドラゴンボール』のゲーム好調、中国・北米向けの映像配信権も貢献



東映アニメ、19年3月期の営業益は39.6%増の157億円…『ドラゴンボール』のゲーム好調、中国・北米向けの映像配信権も貢献東映アニメーション<4816>は、本日(5月14日)、2019年3月の連結決算を発表し、売上高557億円(前年同期比21.1%増)、営業利益157億円(同39.6%増)、経常利益162億円(同40.7%増)、最終利益113億円(同44.9%増)だった。大幅な増益での着地となったが、同社では、国内外でアプリゲーム化権や映像配信権の販売が好調に推移したため、と説明している。 ①映像製作・販売事業売上高は195億円(同20.4%増)、セグメント利益は利益率の高い海外映像販売事業が好調に推移したことなど41億円(同71.2%増)だった。劇場アニメ部門では、2018年3月に「映画プリキュアスーパースターズ!」、5月に「デジモンアドベンチャーtri.第6章」、10月に「映画HUGっと!プリキュア」、12月に「ドラゴンボール超 ブロリー」、2019年3月に「映画プリキュアミラクルユ[...]

東映アニメ、19年3月期の営業益は39.6%増の157億円…『ドラゴンボール』のゲーム好調、中国・北米向けの映像配信権も貢献 is a post from: Social Game Info




最初にコメントにしてください

コメントを残す

Your email address will not be published.