東映、19年3月期の営業利益を172億円から229億円に大幅上方修正…「ドラゴンボール」の映画とゲームアプリ貢献 「翔んで埼玉」大ヒット



東映、19年3月期の営業利益を172億円から229億円に大幅上方修正…「ドラゴンボール」の映画とゲームアプリ貢献 「翔んで埼玉」大ヒット東映<9605>は、本日(5月14日)、2019年3月期の連結業績を上方修正し、売上高1370億円(前回予想1218億円)、営業利益229億円(同172億円)、経常利益259億円(同197億円)、最終利益108億円(同88億円)とした。前回発表予想と比較すると、売上高が12.5%増、営業利益が33.1%増、経常利益が31.5%増、最終利益が22.7%増となる。 同社では、劇場用映画「ドラゴンボール超 ブロリー」「翔んで埼玉」が大ヒットしたのに加え、アニメ関連で、国内外において「ドラゴンボール」シリーズのゲーム化権販売が好稼働で推移したため、と説明している。[...]

東映、19年3月期の営業利益を172億円から229億円に大幅上方修正…「ドラゴンボール」の映画とゲームアプリ貢献 「翔んで埼玉」大ヒット is a post from: Social Game Info




最初にコメントにしてください

コメントを残す

Your email address will not be published.