【ギークス決算説明会速報②】ゲーム事業は運営収入などストック売上と新規開発収入によるフロー売上で収益計上 今期は新作1タイトルのリリースを予定



【ギークス決算説明会速報②】ゲーム事業は運営収入などストック売上と新規開発収入によるフロー売上で収益計上 今期は新作1タイトルのリリースを予定ギークス<7060>は、5月14日、上場後初の決算発表となる2019年3月期の連結決算を発表するとともに、東京都内で決算説明会を開催した。決算説明会では、同社の曽根原社長(写真)がまずは説明を一通り行い、その後に質疑応答が行われた。今回はその中から同社のもう1つの主力事業であるゲーム事業について取り上げたい。同社のゲーム事業は、現在は大手ライセンサーやゲームメーカーなどのゲーム配信事業者と協業・パートナーシップによる事業展開となっており、ストック型の売上となるゲームの運営収入とレベニューシェア収入と、フロー型の売上となる新規開発収入が収益源となっている。ストック売上については、タイトル運営で一定の収入が入る形になっており、ゲーム内の課金額などによる収益のブレはそれほど影響しないという。一方、フロー売上となる新規開発収入については、「納品時に一括計上している」(曽根原社長)とのこ[...]

【ギークス決算説明会速報②】ゲーム事業は運営収入などストック売上と新規開発収入によるフロー売上で収益計上 今期は新作1タイトルのリリースを予定 is a post from: Social Game Info




最初にコメントにしてください

コメントを残す

Your email address will not be published.