【DeNA決算説明会】第4四半期はゲーム事業の収益が急回復 「第2四半期の水準に回復できた」 周年効果と費用適正化による筋肉質化が奏功 



【DeNA決算説明会】第4四半期はゲーム事業の収益が急回復 「第2四半期の水準に回復できた」 周年効果と費用適正化による筋肉質化が奏功 ディー・エヌ・エー(DeNA)<2432>は、5月10日、2019年3月通期の連結決算(IFRS)を発表するとともに、東京都内で証券アナリスト・機関投資家向けの決算説明会を開催した。発表した決算は、売上収益1241億円(前の期比11%減)、営業利益135億円(同51%減)、営業利益(Non-GAAP)86億円(同53%減)、最終利益127億円(同45%減)と減収・減益だった。ただ、第4四半期(2019年1~3月)の業績を見ると、売上収益295億円(前四半期比QonQで12%増)、営業利益49億円(前四半期は21億円の赤字)、営業利益(Non-GAAP)0(同15億円の赤字)、最終利益47億円(同17億円の赤字)となり、増収・黒字転換に成功した。前四半期の決算説明会で発表した計画に沿った着地となった。 決算説明会に臨んだ守安功社長(写真)は、「ゲーム事業で健全な収益性を[...]

【DeNA決算説明会】第4四半期はゲーム事業の収益が急回復 「第2四半期の水準に回復できた」 周年効果と費用適正化による筋肉質化が奏功  is a post from: Social Game Info




最初にコメントにしてください

コメントを残す

Your email address will not be published.