【インタビュー】ディライトワークスが新規プロジェクトでUnreal Engineを採用した理由を語る 海外展開も担う第4制作部が求めるのはゲームへの愛



【インタビュー】ディライトワークスが新規プロジェクトでUnreal Engineを採用した理由を語る 海外展開も担う第4制作部が求めるのはゲームへの愛ディライトワークスは、既存タイトルの企画・開発・運営と並行して、新規コンテンツの開発体制をさらに強化することを目的に、開発本部およびプロデュース部、マーケティング部を再編し、複数の制作部門を新設する組織改編を2018年11月に行った(関連記事)。 そして2019年3月、同社の第4制作部が開発を手掛ける新たなゲームプロジェクトを発表。開発メンバーの募集サイトを開設(関連記事)すると共に、「AnimeJapan2019」ではキービジュアルやコンセプトムービーを公開した。 【新規ゲームプロジェクト コンセプトムービー】 本プロジェクトでは、Epic Games社が提供する3Dゲームエンジン「Unreal Engine 4」を採用し、最高の物語体験に調整することを目標としている。また、キービジュアルに描かれた「オトナになるって痛いよね」というキャッチコピーも気になると[...]

【インタビュー】ディライトワークスが新規プロジェクトでUnreal Engineを採用した理由を語る 海外展開も担う第4制作部が求めるのはゲームへの愛 is a post from: Social Game Info




最初にコメントにしてください

コメントを残す

Your email address will not be published.