【ミクシィ決算説明会】「経営者として危機を感じる」木村社長 回復の鍵は『モンスト』リバイブとスポーツ事業の注力



【ミクシィ決算説明会】「経営者として危機を感じる」木村社長 回復の鍵は『モンスト』リバイブとスポーツ事業の注力ミクシィ<2121>は、5月10日、東京都内で2019年3月期の決算説明会を開催した。説明会では、木村社長が今期の業績予想が大きく減収減益になったことについて「経営者としての危機を感じる」と話した。通期の連結決算では、2019年3月期通期の連結決算は、売上高1440億円(前々期比23.8%減)、営業利益410億円(同43.3%減)、経常利益411億円(同43.5%減)、最終利益265億円(同36.5%減)と大幅な減収減益となった。『モンスターストライク』は同社の売上の要で依然として高い利益を出しているものの、今期は同タイトルだけで280億円の減益を見込んでいる。そんな状況の中、2020年3月期はどのような取り組みを行っていくのか。2019年3月期の振り返りや今期の展望などが語られた決算説明会についてお届けする。■QoQは増収、大幅な増益。広告費と決済手数料の減少が大きく貢献まず[...]

【ミクシィ決算説明会】「経営者として危機を感じる」木村社長 回復の鍵は『モンスト』リバイブとスポーツ事業の注力 is a post from: Social Game Info




最初にコメントにしてください

コメントを残す

Your email address will not be published.