【ドリコム決算説明会】「enza」黒字化とゲームアプリの収益改善で第4四半期は黒字転換 『シャニマス』マルチ展開でユーザー数・流通金額が急成長



【ドリコム決算説明会】「enza」黒字化とゲームアプリの収益改善で第4四半期は黒字転換 『シャニマス』マルチ展開でユーザー数・流通金額が急成長ドリコム<3793>は、5月13日、2019年3月通期の連結決算を発表するとともに、アナリスト・機関投資家向けの決算説明会を開催した。売上高107億2000万円(前の期比18.7%減)、営業損益5億7700万円の赤字(前の期は1億9000万円の黒字)、経常損益13億4900万円の赤字(同2900万円の赤字)、最終損益17億1200万円の赤字(同2億0400万円の赤字)だった。 第4四半期(1~3月)の業績を見ると、売上高27億7300万円(前四半期比16.2%減)、営業利益1億2700万円(前四半期1億2600万円の赤字)、経常損益6600万円の赤字(同4億5800万円の赤字)、最終損益3億4000万円の赤字(同7億1700万円の赤字)となり、営業利益は黒字転換に成功した。 内藤裕紀社長は「アプリの立て直しとenzaへの投資を行い、9カ月から12カ月で改善す[...]

【ドリコム決算説明会】「enza」黒字化とゲームアプリの収益改善で第4四半期は黒字転換 『シャニマス』マルチ展開でユーザー数・流通金額が急成長 is a post from: Social Game Info




最初にコメントにしてください

コメントを残す

Your email address will not be published.