ガンホー子会社の韓国Gravity、第1四半期の営業利益はQonQで80%増の236億ウォン…『ラグナロクオンライン』と『Ragnarok M』が貢献



ガンホー子会社の韓国Gravity、第1四半期の営業利益はQonQで80%増の236億ウォン…『ラグナロクオンライン』と『Ragnarok M』が貢献ガンホー・オンライン・エンターテイメント<3765>子会社の韓国Gravityは、5月13日、第1四半期(2019年1~3月)の決算を発表し、売上高が前四半期比(QonQ)で18.0%増の1336億ウォン(122億円)、営業利益が同79.9%増の236億ウォン(同21億円)、最終利益が同32.0%増の197億ウォン(18億円)とQonQで大幅な増益を達成した。PCオンラインゲーム『ラグナロクオンライン』の韓国での定額課金収益や、日本からのロイヤリティの支払いなどが伸びたことに加えて、『Ragnarok M』が東南アジアや北米、南米、オセアニアが伸びたとのこと。『Ragnarok M』は、韓国と台湾からの収益が低下したそうだ。[...]

ガンホー子会社の韓国Gravity、第1四半期の営業利益はQonQで80%増の236億ウォン…『ラグナロクオンライン』と『Ragnarok M』が貢献 is a post from: Social Game Info




最初にコメントにしてください

コメントを残す

Your email address will not be published.