Tencent、第1四半期の営業利益は20%増 ネット広告やフィンテック、デジタルコンテンツが好調 スマホゲームは苦戦



Tencent、第1四半期の営業利益は20%増 ネット広告やフィンテック、デジタルコンテンツが好調 スマホゲームは苦戦Tencentは、第1四半期(1~3月)の連結決算を発表し、売上高が前年同期比16%増の854億6500万元(1兆3547億円)、営業利益が同20%増の367億4200万元(5823億円)、最終利益が同17%増の278億5600万元(4415億円)と増収増益となった。ネット広告やフィンテック、デジタルコンテンツなどがいずれも好調だった。主力の「VAS(付加価値サービス)」の売上高は、同4%増の489億7400万元(7762億円)だった。PCとスマートフォンなどのオンラインゲームの売上高は横ばいの285億1300万元(4520億円)と減収となったほか、動画配信などの定額課金サービスが伸びた。フィンテックやインターネット広告も大きく伸びたとのこと。スマートフォンゲームは減収だった。『Honour of Kings』や『Perfect World』、『PUBG MOBILE』(中国を除く)などが[...]

Tencent、第1四半期の営業利益は20%増 ネット広告やフィンテック、デジタルコンテンツが好調 スマホゲームは苦戦 is a post from: Social Game Info




最初にコメントにしてください

コメントを残す

Your email address will not be published.