【FGO】バーソロミュー・ロバーツの実装はいつ?



FGO(FateGO)の「バーソロミュー ・ロバーツ」の実装の予想、考察をまとめています。

※当記事はあくまで予想です。また、ストーリー上のネタバレを多分に含みます。

鳴鳳荘(めいほうそう)イベントまとめはこちら

バーソロミュー の予想・考察

鳴鳳荘(めいほうそう)にて登場

バーソロミューは推理系イベント「鳴鳳荘(めいほうそう)」にて、記憶を失った状態で”サラザール“として登場した。

鳴鳳荘(めいほうそう)イベントまとめはこちら

同イベントにて真名が判明

バーソロミューだ バーソロミュー_再会

同イベント中に「大砲のような音」をきっかけに記憶を取り戻し、自身の真名が「バーソロミュー・ロバーツ」であると発言。残念ながら、そのすぐ後にストーリーから退場してしまったが、再会できる可能性=縁が繋がった、と思われる内容の発言があった

「バーソロミュー ・ロバーツ」とは

海賊の中の海賊

自らを「海賊の代表、海賊の中の海賊」というように、20隻もの艦隊を率い、「歴史上最も成功した海賊」とも言われた大海賊。彼の詳細な活動内容はあまり定かではないが、伝説的とも言える数々の功績を残したと言われている。また、拡散式砲弾による砲撃が死因となったと言われているため、サーヴァントとしての彼の弱点である可能性が高い。

バーソロミュー のステータスとスキル

基本情報

★?:バーソロミュー ・ロバーツ(?)
特徴/強み ・海賊系サーヴァント
・敵としての登場時はライダー
ステータス HP:-/ATK:-
宝具 不明
声優 声優
イラスト 絵師

バーソロミュー のスキル・宝具について

クラスは”ライダー”か

fgo_8 14-6-悪くない

サーヴァントとしてでなくエネミーの姿でこそあったものの、登場時のクラスは「ライダー」。同じように、初登場時にエネミーの姿だったエレシュキガルもクラス自体は同一だったため、プレイアブル実装時も海賊であることも踏まえて、ライダーである可能性は高いと思われる。

海賊系と言えば「嵐の航海者」「海賊の誉れ」

海賊系サーヴァントのスキルといえば、ほぼ全員が持っている「嵐の航海者」、ティーチ水着アンメアの「海賊の誉れ」がスキルの筆頭候補と言えるだろう。

“嵐の航海者”
所持
レジライ
“海賊の誉れ”
所持
水着アンメア

宝具は「船団」か「死因」か

ドレイク宝具船団砲撃

海賊に類するサーヴァントの宝具は自らが率いた船団による一斉砲撃であることが多く、大船団を率いたとされるバーソロミューであれば、自身の船である「ロイヤル・フォーチュン」に連なる船団を宝具とすることが考えられる。ただ、一方で明確な死因を持つサーヴァントの中には、”自身の死因やそれに由来する宝具“を所持することがある(ジャンヌ・ダルク『紅蓮の聖女』、メドゥーサ『天馬』など)。しかし、彼の死因もまた砲撃であるため、どちらにせよ砲撃の可能性は高いだろう。

「掟」による統率力

海賊というと無法な荒くれ者であることが多いが、彼は自らの船員に厳格な「掟」を課し、船団の統率を行っていたとされる。単純に考えれば、カリスマに類するスキルとして持っている可能性は高いが、規律系のスキルとしては土方歳三の『局中法度』などがあるため、独立したスキルの可能性も十分に考えられる。

顔面が武器になる…?

1558176413

ストーリー中、自他問わず彼がハンサムであることが指摘されているが、一定以上の容姿の美しさについての逸話がある場合、それがスキルや宝具になる前例(蘭領王ディルムッド)があるため、魅了系の効果を持つことは考えられなくもない。ただ、前例はほぼ呪いに近いレベルであるため、可能性は薄そう。

FGO攻略 関連リンク

FGO攻略 関連リンク
FGO攻略wikiトップページへ
星5最強-min星5ランキング 星4最強-min星4ランキング
お役立ち情報
霊基再臨素材-min素材ドロップ効率まとめ ストーリー&フリクエ報酬-minストーリー攻略まとめへ

惑う鳴鳳荘の考察

fgo_鳴鳳荘バナー
攻略記事
ジャンヌオルタイベント攻略 新宿のアーチャーストーリー考察
サラザール真名予想 真名真名はこちら(ネタバレ)
鳴鳳荘イベントの攻略まとめはこちら

クラス別ピックアップ

FGOクラス別
攻略情報
諸葛孔明いつ引くべき? サリエリサリエリ詳細
各クラスのガチャシミュ一覧
class_1_4 class_2_4 class_3_4 class_4_4
class_5_4 class_6_4 class_7_4 class_1001_4
クラス別PUはいつ引くべきはこちら




最初にコメントにしてください

コメントを残す

Your email address will not be published.