サンリオ、19年3月期の営業利益は16%減の47億円…アジア堅調に伸びるも日本と欧米が苦戦



サンリオ、19年3月期の営業利益は16%減の47億円…アジア堅調に伸びるも日本と欧米が苦戦サンリオ<8136>の2019年3月期の連結業績は、売上高591億円(前の期比1.%減)、営業利益47億円(同16.5%減)、経常利益58億円(同3.1%減)、最終利益38億円(同21.3%減)と減収減益だった。 同社では、テーマパークが好調に推移したものの、夏季の台風や豪雨、関西、北海道の地震によるインバウンド消費への影響、天候不順によるアパレル関連の不振、また出版流通在庫の調整による影響があった、とした。海外においては、アジアは概ね堅調であったが、欧米でのライセンス事業の回復に遅れがでたという。地域セグメント別の損益は以下のとおり。欧州と北米が苦戦し3億円、10億円の営業赤字となった一方で、香港や台湾、中国などのアジアが堅調に伸びており、営業利益が同9.2%増の35億円と伸びた。日本セグメントの営業利益は16.7%減の36億円に低下した。日本とアジアの営業利益の水[...]

サンリオ、19年3月期の営業利益は16%減の47億円…アジア堅調に伸びるも日本と欧米が苦戦 is a post from: Social Game Info




最初にコメントにしてください

コメントを残す

Your email address will not be published.