経済産業省、大学発ベンチャー実態調査を公表…185社増加、東大が引き続きトップを独走



経済産業省、大学発ベンチャー実態調査を公表…185社増加、東大が引き続きトップを独走経済産業省は、5月8日、2018年度大学発ベンチャー実態等調査を公表した。また、2018年3月に公開した「大学発ベンチャーデータベース」を新エネルギー・産業技術総合開発機構(以下NEDO)と連携の上リニューアルオープンした。大学発ベンチャー実態等調査は、「イノベーションの担い手」として高く期待される大学発ベンチャーの効果的な支援検討のため実施しているという。大学発ベンチャーの設立状況を把握するとともに事業環境やニーズ等を調査し、成長に寄与する要因を分析している。調査結果は以下のとおり。■大学発ベンチャー数の推移2017年度調査と比べ185社増加した。■大学発ベンチャーの大学別創出数東京大学が引き続きトップを独走。京都大学、筑波大学など他大学の伸びも目立ち、各大学がベンチャー創出に力を入れている。  順位 (前年) 大学名 16年度 17年度 18年度[...]

経済産業省、大学発ベンチャー実態調査を公表…185社増加、東大が引き続きトップを独走 is a post from: Social Game Info




最初にコメントにしてください

コメントを残す

Your email address will not be published.