【ゲーム株概況(5/21)】全般さえない銘柄が目立つ中でガンホーが買われる 大手ゲーム株は総じてさえない セレスが東証の値下がり率トップに



【ゲーム株概況(5/21)】全般さえない銘柄が目立つ中でガンホーが買われる 大手ゲーム株は総じてさえない セレスが東証の値下がり率トップに5月21日の東京株式市場では、日経平均株価は3日ぶりに反落し、前日比29.28円安の2万1272.45円で取引を終えた。米国による中国ファーウェイ(華為技術)への制裁措置が嫌気され、朝方は半導体関連株などへの売り物が広がった。そうした中でゲーム関連株の動きを見てみると、スマートフォン関連という連想から全般にさえない銘柄が目立つ中で、ガンホー<3765>やイグニス<3689>などが散発高した。ガンホーは、前日は売り物が目立っていたが、『ラグナロクM』の海外展開の寄与や『パズドラ』の復調による業績の回復傾向があらためて評価される格好となっているようだ。また、エディア<3935>やKLab<3656>、ドリコム<3793>などがしっかり。半面、大手ゲーム株が総じてさえず、日本一ソフトウェア<3851>やサイバーステップ<[...]

【ゲーム株概況(5/21)】全般さえない銘柄が目立つ中でガンホーが買われる 大手ゲーム株は総じてさえない セレスが東証の値下がり率トップに is a post from: Social Game Info




最初にコメントにしてください

コメントを残す

Your email address will not be published.