経産省と公取委、総務省、「プラットフォーマー型ビジネスの台頭に対応したルール整備に関するオプション」…規制の基本視点とルール整備のあり方を整理



経産省と公取委、総務省、「プラットフォーマー型ビジネスの台頭に対応したルール整備に関するオプション」…規制の基本視点とルール整備のあり方を整理経済産業省は、公正取引委員会、総務省とともに、この日(5月21日)、「プラットフォーマー型ビジネスの台頭に対応したルール整備に関するオプション」をまとめた。「取引環境の透明性・公正性確保に向けたルール整備の在り方に関するオプション」と「データの移転・開放等の在り方に関するオプション」の2種類が公表となった。「取引環境の透明性・公正性確保に向けたルール整備の在り方に関するオプション」については、デジタル・プラットフォーマーは、事業者と消費者の便益向上に資するものと評価しつつ、寡占・独占が生じやすく、競争優位性を背景にサービスの押しつけや過剰なコスト負担など取引慣行の不透明・不公正を巡る問題があると指摘した。そこで、基本的な視点として、利用者と事業者で公正な取引慣行の実現とともに、規制によって変化の早いデジタル市場におけるイノベーションを阻害することを避けるなどバランスの取れたルール整備が必要[...]

経産省と公取委、総務省、「プラットフォーマー型ビジネスの台頭に対応したルール整備に関するオプション」…規制の基本視点とルール整備のあり方を整理 is a post from: Social Game Info




最初にコメントにしてください

コメントを残す

Your email address will not be published.