まさしくキング・オブ・ゴジラアプリ! 『ゴジラ ディフェンスフォース』は演出と図鑑が激ヤバ!!



ネクソンが5月23日(木)に配信予定の都市防衛モバイルゲーム『ゴジラ ディフェンスフォース』。本作の先行プレイレポートをお届けします。(文:ユート)

防衛兵器を用いて怪獣を撃退するシンプルなゲーム性

『ゴジラ ディフェンスフォース』は、続々と襲来する怪獣たちを防衛兵器を使って撃退していくシミュレーションゲームです。

怪獣たちは『ゴジラ』ファンにはおなじみのX星人に操られて都市を襲っている、という設定が用いられていて、ゲーム開始直後から早くもツボを刺激された感じ(笑)。

簡単なストーリー的なテキストもあり、総司令官タイウィン、オペレーターゆい、そして前述のX星人といったキャラたちが登場します。

総司令の名前は隊員(たいいん)→タイウィンなのか、それとも『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』に出演されているチャールズ・ダンスさんが『ゲーム・オブ・スローンズ』で演じたタイウィンから取ったのか、どっちなんでしょうね?

あとオペレーターゆいも、PS3、PS4で発売された『ゴジラ-GODZILLA-』でオペレーター役を演じられた声優の橋本結さんから取った名前なのかなー、とかとか。私、気になります!

……どうでもいいですね。閑話休題。




ゲームシステムは、ひっっっじょ〜〜〜〜〜〜にシンプル!! 基本はお金を使って都市に用意されている防衛兵器の基地を建設、強化してDPSを高め、怪獣たちを倒していく。それだけ。

画面をタップする事でDPSなどを少し高める事もできますが、個人的にはさほどやる必要はないかなといった印象です。

タワーディフェンスとは違い、あらかじめ用意されている物にお金を使うだけなので、どこに配置するだとか何を優先的に作るかなどのテクニカルな要素もほぼ無し。強いていうなら怪獣カードぐらいでしょうか。



怪獣カードは最大で3枚セットでき、使用時にカードに応じた効果が発動します。効果には大ダメージを与えるものや、攻撃力を高めるもの、クリティカル率を高めるものなど、様々な種類が存在。

また、カードを使用するには、それぞれに設定されているコスト分のG細胞(時間経過で回復)が必要です。

使い方としては、例えばクリティカル率を高めるカードとクリティカルダメージを高めるものをセットしておき、重要な場面でこの2枚を使って大ダメージを狙う、といった感じ。



怪獣の撃退はステージ形式で進行していき、10刻みで巨大怪獣が出現。巨大怪獣との戦いは少し特殊で、一定時間内に敵のHPを減らし切らないと敗北となります。

さらに、怪獣の攻撃によって防衛兵器が破壊され、一定時間攻撃が行えなくなる事も。

通常の戦闘は見ているだけで勝手に進んでいきますが、巨大怪獣との戦いでは少しアクティブになる必要があるって事ですね。


とはいえ、難しいことはほとんどなく、やることの基本は前述の通り防衛兵器の建設と強化、そして怪獣カードの使用。加えて、巨大怪獣に表示される「WEAK」部分をタップして大ダメージを与えることのみ。

破壊された防衛兵器は一定時間で修理されますが、対象を連続タップして素早く修理する事も可能です。


時間内に怪獣のHPを全て減らし切ると見事勝利! 崩れ落ちていく怪獣をスワイプする事で大量のお金が獲得できるほか、撃破時のランクに応じたお金や経験値、そして撃破した怪獣のカードが手に入ります。



防衛に失敗した場合は何度でも再挑戦可能。再挑戦して怪獣との防衛戦を眺めつつお金を貯めるもよし、一旦間をおいて自動でお金が貯まるのを待ってから再挑戦するもよしと、状況に合わせてゲームを進められます。

防衛失敗時に広告を見る事で補給物資(お金)やブースト効果が得られるので、これを利用して再挑戦するのもありです。

ちなみに、今回確認できた広告は数秒で終わるもののみだったので、自分としては「これぐらいならいいかな」って印象でした。

防衛失敗時以外にも、広告を見る事でログインボーナスを再取得できたり、自動で貯まったお金を倍にしたりする事もできるので、効率的にゲームを進めたいという方は活用するといいと思います。



怪獣撃破時に得られる経験値が一定量貯まるとレベルアップし、新たなエリアの解放やカードパックの獲得、怪獣カード使用時に消費するG細胞の最大量増加といった恩恵が受けられます。

エリアには初期解放の東京に加え、ロンドンやシドニー、アリゾナ、ニューヨークなどが存在。

景観はもちろん出現する巨大怪獣なども異なるほか、ちょっとしたストーリーも展開されるので、ゲームを進める楽しみを存分に感じられるはずです。

レベル20になると解放される最終エリア・月での激戦と景観は、ぜひ自分の目で確かめてみてください!

▼東京。


▼ロンドン。


▼シドニー。


▼アリゾナ。


▼ニューヨーク。


エリア内には、専用のカードパックの入手に必要なムーンストーン獲得のために、助けを求める市民をタップして救助する、基地を10回アップグレードするなどの目標を達成してお金を獲得するといった要素も存在。

また、レベルとお金、エリアの進行度をリセットし、強力な効果を持つアーティファクトを手に入れるという周回プレイ的な要素も用意されています。

▼タイムマシンを使ってリセットすると、進行度などに応じた「時の欠片」を獲得。それを使うことで、アーティファクトが手に入る「アーティファクトガチャ」が引けます。




前述の通り時間経過でお金が貯まっていったり、怪獣撃退のためのシステムがシンプルだったりと、遊びとしてはいわゆる放置系に近い防衛ゲームなのかなと思います。

スタミナをはじめとしたゲームに追われる部分や義務感を覚える部分がほぼない設計になっているので、きっと自分のペースで楽しんでいけるはずですよ。

登場怪獣と演出、図鑑にめちゃくちゃ燃える!!

遊び自体は割とシンプル。だけど、東宝全面監修によって製作されているだけに、『ゴジラ』ものとしてのクオリティは半端じゃなかった!!

まずはその登場怪獣。「図鑑」で名前は確認できるので出していいはず! ってことで、初期ラインナップとして表示されている怪獣は以下になります!!

【登場怪獣一覧】
アンギラス(’04)
エビラ(’66)(’04)
親モスラ
オルガ
ガイガン(’72)(’04)
カイザーギドラ
改造ガイガン(’04)
ガイラ
ガニメ
ガバラ
カマキラス(’04)
カメーバ
キングギドラ(’64)(’91)(’98)(’01)
キングシーサー(’74)(’04)
クモンガ(’67)(’04)
ゲゾラ
ゴジラ(’54)(’66)(’67)(’68)(’84)(’89)(’94)(’95)(’99)(’00)(’01)(’02)(’03)(’04)
ゴジラ(’16)第2形態
ゴジラ(’16)第3形態
ゴジラ(’16)第4形態
ゴロザウルス
サンダ
ジェットジャガー
新モスラ
スーパーメカゴジラ(’93)
スペースゴジラ
ダガーラ
チタノザウルス
デスギドラ
デストロイア(集合体)(完全体)
白亜紀キングギドラ
バトラ
バトラ幼虫
バラゴン(’68)(’01)
ビオランテ(花獣形態)(最終形態)
ヘドラ(’71)(’04)
マグマ
マンダ(’04)
メガギラス
メカキングギドラ
メカゴジラ(’74)(’75)(’93)(’02)(’03)
メガロ
モゲラ(’57)(’94)
モスラ(’61)(’01)(’04)
モスラ幼虫(’92)
モンスターX
鎧モスラ
ラドン(’56)(’64)(’93)(’04)
レインボーモスラ

どうですか、これ。「図鑑」を見つつ書かせてもらいましたが、いち『ゴジラ』ファンとして震えざるを得ない!

日本版最新作『シン・ゴジラ』の3形態をはじめ、各世代のゴジラが登場。キングギドラやメカゴジラなどのライバル怪獣たちはもちろん、モゲラやゴロザウルスなどのマニアックな怪獣、さらには『ゴジラ』シリーズ以外に登場するガイラやサンダ、『モスラ』シリーズの怪獣まで。

こいつらが、エリアに登場して暴れまくったり、カード使用時の演出として登場したりするんですよ!!




グラフィックと演出も専用でしっかり作られていて、見応えが半端じゃないです。遊びがシンプル? だからどうした! オレは怪獣たちが動きまくる姿を見るために遊んでるんだ!!

って心の底からいえるぐらい、自分は興奮しました。むしろ、まだ見ていない怪獣が多いので、これからも興奮が続いていきそうです。

カード使用時の演出だけでいうと、「スーパーX」シリーズや「ディメンション・タイド」「93式メーサー攻撃機」などの兵器も存在。

昭和版のアンギラスやカマキラス、ミニラなどのほか、ハリウッド版ゴジラやキングコング、ジラ、ムートーといった海外作品が原作の怪獣は未登場ですが、アップデートやコラボなどでいずれ……なんて期待しちゃいます。

また、グラフィックや演出などに加えて嬉しいのが、カードパックや撃退で入手したカードの怪獣は、「図鑑」でその説明が見られること。

原作のワンシーンとともに添えられたテキストは短文ながらも読み応え抜群で、その怪獣の特徴や、作品内で実際に見せた動き、さらにはちょっとした豆知識まで書かれています。

「図鑑」を埋めるために本作を遊ぶ。これも、最高の楽しみ方の1つといえるでしょう。

▼例えばヘドラ(’04)。「図鑑」では『ゴジラ ファイナルウォーズ』のエンドロールに使われていたワンシーンが掲載されています。恥ずかしながら、ヘドラにオス・メス設定があるのはここで初めて知りました……。


▼「図鑑」内には兵器、怪獣込みで107あります。


「ゴジラ」ファンにとって至高の作品

子供の頃に『ゴジラ』シリーズに出会い、いろいろなメディアで昭和から平成の作品を見てきた『ゴジラ』ファンの自分にとって、本作はまさに至高のタイトルといえるものでした。

演出と図鑑が本当にもう……最高としか言いようがなく。

『ゴジラ』ファンはもちろん、『シン・ゴジラ』やハリウッド版ゴジラから『ゴジラ』を知った方々にもぜひ遊んでもらいたい! そして、昭和から平成の作品に登場したゴジラや怪獣たちの魅力を知ってほしい!!  と、心から願ってます。

ビオランテとかデストロイアとかメカゴジラとか……まじで素敵な怪獣がいっぱいいるんで……。

配信が始まったら『ゴジラ ディフェンスフォース』を遊び始めて、5月31日には『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』を観に行く! というコースでぜひぜひ、お願いいたします。

ゴジラディフェンスフォース ・販売元: NEXON Korea Corporation
・掲載時のDL価格:
・カテゴリ: ゲーム
・容量: 420.3 MB
・バージョン: 1.0.7
※容量は最大時のもの。機種などの条件により小さくなる場合があります。

TM & © TOHO CO., LTD.
© NEXON Korea Corp. & Neople Inc. All Rights Reserved.




最初にコメントにしてください

コメントを残す

Your email address will not be published.