任天堂、『どうぶつの森 ポケットキャンプ』と『ファイアーエムブレム ヒーローズ』のサービスをベルギーで8月に終了 収益モデルが同国で先行き不透明のため



任天堂、『どうぶつの森 ポケットキャンプ』と『ファイアーエムブレム ヒーローズ』のサービスをベルギーで8月に終了 収益モデルが同国で先行き不透明のため任天堂は、2019年8月27日に、ベルギーにおいて『どうぶつの森 ポケットキャンプ』と『ファイアーエムブレム ヒーローズ』のサービスを終了すると発表した。理由は、同国においてこれらのゲームの収益モデルが先行き不透明であるからとしている。また今後、ベルギーにおいて同様の収益モデルを使用したゲームのリリースも行わないという。ベルギーでは、過去に同国の賭博委員会がElectronic Artsの『FIFA』など複数のタイトルに対して、ゲーム内のルートボックス(ガチャ)が賭博法違反と認定していた経緯がある。なお、このことで『FIFA』は同国で指摘を受けた機能を取り除いている。 [...]

任天堂、『どうぶつの森 ポケットキャンプ』と『ファイアーエムブレム ヒーローズ』のサービスをベルギーで8月に終了 収益モデルが同国で先行き不透明のため is a post from: Social Game Info




最初にコメントにしてください

コメントを残す

Your email address will not be published.