セプテーニ、ディープラーニングを活用した広告クリエイティブのソリューションツール「Odd-AI」を東大の山崎研究室と共同開発



セプテーニ、ディープラーニングを活用した広告クリエイティブのソリューションツール「Odd-AI」を東大の山崎研究室と共同開発セプテーニは、東京大学 大学院情報理工学系研究科の山崎俊彦准教授の研究室(以下「山崎研究室」)との共同研究のもと、ディープラーニングを活用した広告クリエイティブのソリューションツール「Odd-AI(オッド アイ)」を開発し、運用を開始したことを発表した。近年、運用型広告における広告フォーマットや配信手法の多様化が進み、広告クリエイティブ開発においては広告効率を維持するため、短期サイクルで、多種多様かつ大量の制作が必要とされている。これに伴い、広告クリエイティブの量と質の担保や、精度の均質化がより求められている。セプテーニではこれまで、山崎研究室と共同で広告クリエイティブに関する広告効果の事前予測、改善案の提案、制作サポートの実現を目指し研究に取り組んできた。この研究のもと開発した「Odd-AI」は、セプテーニが保有する過去の膨大な運用型広告の配信実績をもとに、ディープラーニングを活用し広告[...]

セプテーニ、ディープラーニングを活用した広告クリエイティブのソリューションツール「Odd-AI」を東大の山崎研究室と共同開発 is a post from: Social Game Info




最初にコメントにしてください

コメントを残す

Your email address will not be published.