【マリオカートツアー】テクニック一覧



マリオカートツアーのドライビングテクニックを一覧にして紹介しています。テクニックの効果や使い方についても記載していますので、参考にしてください。

テクニック(ドライビングテクニック)とは

ライバルに差をつける要素

マリオカートは単純にコースアウトせずに走るだけのレースゲームではなく、様々なテクニック(小技)を用いてライバルとの差を付けていくゲームです。

各テクニックを理解し上手く利用出来るようになれば、アイテム以上に重要な要素となってくるでしょう。

特定の操作と一定の条件下で発動

テクニックは普通にレースしているだけでは発動出来ません。特定の操作、一定の条件下になって初めて効果が発動します。

すべてにテクニックの発動条件を網羅し、どう走れば自分が活かしやすいか、どう走れば相手がそのテクニックを活かしにくくなるかを考えて動けるようになりましょう。

テクニック一覧

※現在はマリオカート8デラックスの情報を元に、予想を加えつつ掲載しています。

ロケットスタート

いわゆる「スタートダッシュ」の事です。ジュゲムのカウントダウンが「2」になったのに合わせてアクセルを踏む事で、スタートと同時に加速した状態から始められます。

2になった直後や、2の終わり際などだと失敗する事があるのでちょうど良いタイミングを覚えておきたいです。

リスクを取ると更に加速

ロケットスタートはあまりにもアクセルを踏むのが早すぎるとスタートと同時に動く事も出来ない大失敗状態となってしまいますが、ギリギリを攻める事で通常のロケットスタートよりも更に加速した状態となれます。

可能であればこのタイミングを覚えておけるとライバルに差を付けられます。

ミニターボ

カーブで真価を発揮するテクニック、それがミニターボです。マリオカート8デラックスではドリフトボタンを押した後に左右どちらかのキーを押しっぱなしにする事でドリフト状態になり、そこからミニターボが可能です。

スマホゲームであるマリオカートツアーは物理ボタンに頼れないので、ドリフト用の仮想ボタンが追加されるか、左右キーだけでのドリフトが可能となっているでしょう。

効率的にカーブを曲がる

マリオカートのコースは真っ直ぐではなく、至る場所にカーブが存在しています。ドリフトとミニターボを活かせば、このカーブを効率的に曲がる事が可能です。

ドリフト状態に入るとタイヤから火花が出ます。火花が青色になったタイミングでドリフトボタンを離す事でミニターボが発動し、カートが一定時間加速。カーブ終了後も勢いを消さずにレースを続行出来ます。

スーパーミニターボ

ミニターボの上位互換です。発動条件は厳しくなっているものの、ミニターボよりも速度や加速時間などで上回っています。

火花をオレンジに

ドリフト状態に入るとまずはミニターボが可能な青色の火花がタイヤから出るようになります。しかしそれでも解除せずに我慢していると火花がオレンジ色に変化し、スーパーミニターボが可能な状態となります。

ミニターボが可能になってからも、かなりの時間ドリフトしていないといけないため、小さめのカーブなどでは発動させる事が困難です。

しかしその恩恵はかなりの物なので、大きめのカーブなど発動が狙える場所では積極的に狙っていきたいです。

ジャンプアクション

ジャンプ中にキャラクターがアクション(アピール)する事で、着地後にカートが加速します。

現実世界でカート(車)が空中に飛び出したら速度が失われて減速しそうなものですが、マリオカートの世界ではそれが逆です。積極的にジャンプしていきましょう。

ジャンプ中にドリフトボタンを押す

ジャンプしている時にドリフトボタンを押す事でジャンプアクションが可能です。ちょっとした段差でも発動出来るので、ジャンプしそうだなと思ったらとりあえず狙っていくと良いでしょう。

スリップストリーム

カートは常に風による影響を受けて減速しています。その風の影響を消すテクニックがスリップストリームです。

ライバルの背後を取る

他のカートに風を受けさせる事でスリップストリームは発動します。ライバルのカートの背後に一定時間居座る事で大幅に加速する事が可能です。

当然背後を取ったライバルよりも加速してしまうので、加速後にぶつからないように注意しましょう。

登場するテクニックは?

仮想ボタンがあるかないかで変わる

スマートフォン向けのゲームなので、物理ボタンはありません。その為、ボタンが必要な場合は仮想ボタンに頼る事となります。

仮想ボタンがあればドリフトやジャンプアクションなどにプレイヤースキルが絡んでくるので、ゲーム自体が奥深い物となりますが、仮想ボタンが無い場合はプレイヤー側が出来る事は限られてきてしまいます。

どんなテクニックがあり、どんなテクニックが無いのかサービス開始後に追記します。

関連記事




最初にコメントにしてください

コメントを残す

Your email address will not be published.