CESAとMCF、JOGA、JeSU、「ゲーム障害」の調査・研究の取り組みを開始 WHOの国際疾病分類への追加を受けて



CESAとMCF、JOGA、JeSU、「ゲーム障害」の調査・研究の取り組みを開始 WHOの国際疾病分類への追加を受けてコンピュータエンターテインメント協会(CESA)とモバイル・コンテンツ・フォーラム(MCF)、日本オンラインゲーム協会(JOGA)、日本 e スポーツ連合(JeSU)の4団体は、世界保健機関(WHO)が国際疾病分類に“Gaming disorder(ゲーム障害)"を追加する動きを受け、本問題に対する社会的要請への対応として、科学的な調査研究に基づく効果的な対策を模索することを目的に、公正中立で専門性を持つ外部有識者による研究会(代表:坂元章氏)に、調査研究の企画や取りまとめを委託すると発表した。。取り組みの進捗については、適宜公式サイト等を通じて告知する、としている。4 団体は今後も、ゲーム産業の健全な発展に向けて、引き続き様々な取り組みを行っていく。[...]

CESAとMCF、JOGA、JeSU、「ゲーム障害」の調査・研究の取り組みを開始 WHOの国際疾病分類への追加を受けて is a post from: Social Game Info




最初にコメントにしてください

コメントを残す

Your email address will not be published.