gumi、欧州子会社のgumi Europeから11月に事業撤退、2億5000万円の特損計上 収益性の見込めるタイトルにリソースを集中



gumi、欧州子会社のgumi Europeから11月に事業撤退、2億5000万円の特損計上 収益性の見込めるタイトルにリソースを集中gumi<3903>は、本日(5月29日)、欧州子会社のgumi Europeを11月にも事業撤退することを明らかにした。これに伴い、特別損失として、子会社整理損として2億5000万円を2020年第1四半期に計上するとのこと。この数字は概算値で、今後大きな変動があった場合はあらためて開示するという。同社では、2012年より、モバイルオンラインゲームのグローバルなコンテンツ配信網の構築を図るべく、積極的な海外展開を行ってきた。国内有力タイトルの海外配信に関しては、各地域に根ざしたローカライズ及びマーケティングの徹底によりグローバルなコンテンツ配信網を構築し、「ブレイブ フロンティア」「誰ガ為のアルケミスト」など複数のヒットタイトル創出に成功した。一方、海外における地産地消タイトルの創出を目的として、海外子会社であるgumi Europeを通じて「BRAVE FRONTIER : [...]

gumi、欧州子会社のgumi Europeから11月に事業撤退、2億5000万円の特損計上 収益性の見込めるタイトルにリソースを集中 is a post from: Social Game Info




最初にコメントにしてください

コメントを残す

Your email address will not be published.