任天堂、マリカー訴訟で2審も勝訴 知財高裁で不正競争認める…損害金額等についての審理は継続



任天堂、マリカー訴訟で2審も勝訴 知財高裁で不正競争認める…損害金額等についての審理は継続任天堂<7974>は、5月30日、株式会社マリカー(現商号:株式会社MARIモビリティ開発)およびその代表取締役に対しての訴訟の控訴審(2017年2月24日に提起)について中間判決結果を発表した。今回の中間判決では、任天堂の「マリオカート」という標章について日本国内外で広く知られていると認める結果となった。その上で、被告による「マリカー」、「maricar」等の表示の営業上の使用行為(外国語のみで記載されたウェブサイト等で用いることを含む)が不正競争行為に該当することが認められたという。また、任天堂の「マリオ」等のキャラクターが同社の商品等表示として広く知られていること、株会社マリカーが「マリオ」等のキャラクターのコスチュームを貸与する行為等が不正競争行為に該当することも認められている。今後は、今回の中間判決を前提とした知的財産高等裁判所の審理において、侵害行為で生じた損害の金[...]

任天堂、マリカー訴訟で2審も勝訴 知財高裁で不正競争認める…損害金額等についての審理は継続 is a post from: Social Game Info




最初にコメントにしてください

コメントを残す

Your email address will not be published.