パピレスとアムタス、日本の電子コミックを海外市場に展開する共同出資会社「アルド・エージェンシー・グローバル株式会社」の設立で合意



パピレスとアムタス、日本の電子コミックを海外市場に展開する共同出資会社「アルド・エージェンシー・グローバル株式会社」の設立で合意パピレス<3641>とアムタスは、5月29日、日本の電子コミックを海外市場へ向けて取次販売や翻訳サポートなどを行う共同出資会社「アルド・エージェンシー・グローバル株式会社(以下、AAG)」を設立することで合意したことを明らかにした。設立予定は7月で、松井 康子氏が社長に就任する。出資比率はパピレスが66.6%、 アムタスが33.4%となる。2018年3月にアムタスの親会社であるインフォコム<4348>がパピレスの株式を取得し、 主要株主となって以降、 両社は協業の可能性を検討してきたという。 今回設立したAAGは、配信地域の文化や習慣に合わせた作品のローカライズや翻訳、 海外配信先の確保、 支払いシステムの提供など、 出版社が海外でコンテンツを配信する際に必要なほぼすべての業務を代行する。設立当初はパピレスの台湾、 香港、 米国の子会社へ取次事業を行うと同[...]

パピレスとアムタス、日本の電子コミックを海外市場に展開する共同出資会社「アルド・エージェンシー・グローバル株式会社」の設立で合意 is a post from: Social Game Info




最初にコメントにしてください

コメントを残す

Your email address will not be published.