コナミデジタルエンタテインメント、2019年3月期の最終利益は3.0%増の220億円



コナミデジタルエンタテインメント、2019年3月期の最終利益は3.0%増の220億円コナミデジタルエンタテインメント(KONAMI)は、本日(5月31日)付の『官報』に第14期(2019年3月期)の決算公告を掲載し、最終利益が前の期比で3.0%増の219億9800万円だったことを明らかにした。前の期の実績(2018年3月期)は213億4600万円だった。同社は、家庭用ゲームソフト大手で、コナミホールディングスの中核企業。家庭用ゲームソフトからソーシャルゲーム、スマートフォンアプリ、トレーディングカードゲームまで幅広く手がけている。 モバイルゲームでは『プロ野球スピリッツA』が好調だったほか、配信開始から2周年を迎えた『遊戯王 デュエルリンクス』や、『ウイニングイレブン2019』(海外名『PRO EVOLUTION SOCCER 2019』)などがけん引した。カードゲームでは、2019年2月に「遊戯王オフィシャルカードゲーム」が発売から20周年を迎え、「遊戯王OC[...]

コナミデジタルエンタテインメント、2019年3月期の最終利益は3.0%増の220億円 is a post from: Social Game Info




最初にコメントにしてください

コメントを残す

Your email address will not be published.