【ゲーム株概況(6/12)】みずほ証券が投資判断格上げのサイバーエージェントがしっかり 新作『最果てのバベル』配信のコロプラは材料出尽くしに



【ゲーム株概況(6/12)】みずほ証券が投資判断格上げのサイバーエージェントがしっかり 新作『最果てのバベル』配信のコロプラは材料出尽くしに6月12日の東京株式市場では、日経平均株価は4日ぶりの反落となり、前日比74.56円安の2万1129.72円で取引を終えた。米国市場やアジア市場の下落の一方で、4月の機械受注が市場予想を上回ったことで、市場の方向感に乏しい展開となったが、大引けにかけてやや値を崩した。そうした中でゲーム関連株の動きを見てみると、ガンホー<3765>やアクセルマーク<3624>、ミクシィ<2121>などが買われた。また、みずほ証券が投資判断を「中立」から「買い」に格上げしたサイバーエージェント<4751>もしっかり。半面、この日に新作『最果てのバベル』のサービス開始を予定(大引け後にサービス開始)していたコロプラ<3668>は、既に材料として織り込み済みとの見方から材料出尽くしとみた売り物に押され、gumi<3903>も続落した。また、ス[...]

【ゲーム株概況(6/12)】みずほ証券が投資判断格上げのサイバーエージェントがしっかり 新作『最果てのバベル』配信のコロプラは材料出尽くしに is a post from: Social Game Info




最初にコメントにしてください

コメントを残す

Your email address will not be published.