コロプラ、位置情報データで沖縄の地域振興・観光支援へ 琉球大学、沖縄セルラー、OTSサービスなどと協力



コロプラ、位置情報データで沖縄の地域振興・観光支援へ 琉球大学、沖縄セルラー、OTSサービスなどと協力コロプラ<3668>は、 国立大学法人琉球大学工学部附属地域創生研究センター、 OTSサービス経営研究所、 沖縄セルラー電話、 沖縄セルラーアグリ&マルシェと、 沖縄の地域振興・観光支援を目的とした業務協力協定を6月1日に締結したと発表した。沖縄の観光分野で知見やノウハウを持つ五者が集まり、 IoT・ICT技術の活用を推し進めることで、 沖縄の各自治体が抱える地域課題の解決支援を目指すという。沖縄ではインバウンドの拡大を背景に、 2018年度の入域観光客数が約1,000万人を超えた。 今後も観光客の受入促進が求められる一方で、 観光地における混雑・交通渋滞、 自然環境への影響など多くの問題が顕在化し、 各自治体は対応を迫られている。このような、 経済発展と社会的課題の解決の両立を実現すべく、 内閣府は新たな社会の在り方としてIoT・ロボット・AI等の先端技術をあらゆる産業や社会[...]

コロプラ、位置情報データで沖縄の地域振興・観光支援へ 琉球大学、沖縄セルラー、OTSサービスなどと協力 is a post from: Social Game Info




最初にコメントにしてください

コメントを残す

Your email address will not be published.