【クロノマギア】マギアスキルを封じて戦え!「おすわりルルナ」デッキ紹介!



今回紹介するTier1デッキは、マギアスキルを封じて戦う「おすわりルルナ」デッキです。

デッキ紹介「おすわりルルナ」

こんにちは。shohei(@sh0he1n0)です。

今回紹介するデッキは、「神々の招集者」に追加されたアディショナルカードで強化された「おすわりルルナ」デッキです。優秀な効果を持つスペードクリーチャーが多く追加されたことにより、既存のTierデッキと戦える強さとなりました。

ただし、デッキパワーが特別高い訳ではなくクリーチャーの効果を利用したテクニカルなデッキとなっているため、タイミング良く「幻惑の獣神ツクヨミ」や「孤高の大魔女ゼラ」の効果で相手のマギアスキルを封じる必要がある上級者向けのデッキとなっています。

※あくまで雛形のレシピです。
自分のプレイスタイルや手持ちのカードに合わせて入れ替えましょう!


【デッキコード】
142301

【マギアスキル】
ギア1:「おすわり!」
ギア2:「森からの刺客」
ギア3:「にゃるてぃめっとふぁんぐ」

コンセプト

ギア1「おすわり!」を使用しながらクリーチャーを攻撃されないようにし、「幻惑の獣神ツクヨミ」でタイプを変更したり「孤高の大魔女ゼラ」や「大総裁マルバス」でスキルを使用できないようにしながら盤面の有利を取るデッキです。

マリガン

「幻惑の獣神ツクヨミ」「水刻の時女神スクルド」を狙ってマリガンします。

後攻の場合は、「大鯰」も欲しいカードです。

アグロタイプのデッキに対しては挑発と回復効果を持つ「聖竜ソロネ」やスキル封印とギア2「森からの刺客」の発動条件を満たせる「孤高の大魔女ゼラ」もキープしましょう。

戦い方

「幻惑の獣神ツクヨミ」を引けている場合、1ターン目からセットしていきます。2ターン目に相手がクリーチャーをセットしてこない場合は、そのまま未行動でステルスを付与するのはもちろんですが、クリーチャーを1枚だけセットしてくる場合も未行動でステルスを付与して、むやみに攻撃することで相手にMPを与え、自分はギア1「おすわり!」を使ってMPを消費するという行動は避けましょう。

相手がクリーチャーを複数セットしてくる状況では、攻撃してタイプを変更させます。例えば、「トレハンナイト」デッキや「シャッフルナイト」デッキにはかなり有効な効果で、相手がクリーチャーを3体セットしてきたところを攻撃時効果のタイプ変更を使用し、ギア3を使用させなくできます。

「幻惑の獣神ツクヨミ」がいるだけで相手はタイプ変更を警戒し、クリーチャーをセットしにくくなるので、このクリーチャーが場にステルス状態で存在しているのは、かなり有効な戦術です。

現環境では、Tier1の中でも最強クラスの「物質ライザー」デッキを意識する必要があるため「無常の果実」や「タナトスのささやき」が採用されており、ステルスに触ることのできる「黒海王の鉤爪」がほとんど採用されないため、風向きも悪くありません。

ただし、「テラーシーホース」「死を呼ぶ者レギンレイヴ」を採用する「暗殺レオ」デッキや「魔忍長ハンゾウ」「魔導書の幻魔イルミナ」を採用する「悪魔エレナ」デッキ、ギア1が「剣の舞」のサリーのような簡単にステルスに触れてしまう能力者も存在するので、それらの相手に対してこの戦術は避けましょう。

「幻惑の獣神ツクヨミ」「水刻の時女神スクルド」を引けていない場合や、上記のようなステルスに触れる能力者、デッキタイプが相手の場合は、後出しで「ガイアの怒り」を加えられる「大鯰」やスキルを封印できる「孤高の大魔女ゼラ」「大総裁マルバス」といったクリーチャーを出していき、盤面を取り合います。

「孤高の大魔女ゼラ」をスペードタイプと並べれば、ギア2「森からの刺客」で相手クリーチャーをサモンできますが、剛体の能力を持つクリーチャーが多く採用される環境でもあるため、盤面を取り合う場合は無暗に相手クリーチャーをサモンせず、序盤は後出しで処理していくのが有効です。

「大鯰」は相手クリーチャー全体にダメージを与えられ、大物キラーも持っているため、ギアでダメージを与えられないこのデッキにマッチしており、後出しでの相手クリーチャーの処理に長けています。

ゲーム中盤以降の理想は、「水刻の時女神スクルド」や「聖竜ソロネ」が並んでいる状況です。ルルナは1ターンで相手のライフを削り切ることが難しい能力者であるため、返されにくい盤面を作ってから相手能力者を攻撃します。

可能であれば上記のような盤面が作れ有利になり、MPも十分ある状況で「剛弓の狩人オリオン」からギア3「にゃるてぃめっとふぁんぐ」を使い大ダメージを与えて1、2ターンで勝負を決めましょう。

ワンポイント

ギア1「おすわり!」を使用する場面を選びましょう。MPを1消費するため、使えるときに使えばいいというわけではありません。ルルナはMP5回復で他の能力者に比べMPの回復量が多いですが、その分デッキに採用しているクリーチャーのコストが高めになっているので、余裕があるわけではありません。

MPの管理はクロノマギアにおける最重視すべき戦術であり、ルルナに限ったことではないので、この機会に考えながらプレイしてみると、他のデッキを使ったときも役立つでしょう。


クロノマギア ・販売元: GungHo Online Entertainment, INC.
・掲載時のDL価格: 無料
・カテゴリ: ゲーム
・容量: 262.2 MB
・バージョン: 2.4.0
※容量は最大時のもの。機種などの条件により小さくなる場合があります。

© GungHo Online Entertainment,Inc. All Rights Reserved.
© CHRONO DREAM PROJECT




最初にコメントにしてください

コメントを残す

Your email address will not be published.