【FGO】2部5章アトランティスの実装はいつ?考察と予想まとめ



FGO(FateGO)のストーリー第2部5章”神を撃ち落とす日”「神代巨神海洋アトランティス」の最新情報をまとめています。神代巨神海洋アトランティスの実装時期やストーリーの予想もしているので参考にしてください。

2部攻略まとめ 前章攻略
FGO_2部コスモスインザロストベルト

2部5章アトランティスの攻略概要

2部5章「神代巨神海洋アトランティス」

配信 不明
条件 第2部4章ユガクシェートラクリア
時代 BC12000
LB 大西洋異聞帯
クリプター キリシュタリア-2キリシュタリア・ヴォーダイム

アトランティスの配信はいつ?

3章→4章の間が半年ほどあったため、今度も半年後の12月ごろという可能性もある。例年年末にはストーリーが公開される傾向にあるため、少なくとも今年中には来てくれると嬉しい。

星間都市山脈からタイトルが変わっている

ロストベルト5-2

過去のPVや公式サイトで確認できる第5異聞帯のタイトルは「星間都市山脈■■■■■■」。だが、4章をクリアして登場したバナーは「神代巨神海洋アトランティス」となっていた。単純にタイトルが変更されたと捉えてもいいが、公式サイトを変更していないところを見ると、2部5章は神代巨神海洋と星間都市山脈の2部構成という可能性もあるだろう。

配信は早めかも

5章が2部構成になるとすると、予想より早めにアトランティスが来る可能性もある。夏イベなどが落ち着いた9月ごろも候補に。

2部5章アトランティスの事前考察

①アトランティスとは?

皆さんご存知オカルトの塊である未知の大陸。現在のアトランティス=高度な科学技術などのイメージを作った立役者の一人は神智学協会のエレナ・ブラヴァツキーエレナさんだったりする。アトランティス自体は古代ギリシャの哲学者プラトンがその存在を記述した巨大な島国で、紀元前9400年にアテナイと大規模な戦争を行ったとされている。その後大地震と洪水で一晩で沈んだ伝説が残り、それも含めて現在では偽史と見られている。

②ギリシャの神々も登場

正しいタイトルが公開される前はゼウスやカイニスと言った神々から、ギリシャ異聞帯となるのでは?と予想されてきた。舞台が大西洋になっても、アトランティスのルーツがギリシャ神話世界にあるため、彼らが登場し、壁として立ちはだかるのは間違いないと思われる。

ポセイドンはすでにいない

ギリシャ

ゲッテルデメルングで海神を失ったと言われているため、アトランティスからポセイドンはいなくなっている。ちなみに、アトランティスのポセイドンはすでにFGOに登場しており、ドレイクによって撃破されていた。この海がどこの海だったのかは不明だが、すでにポセイドンがいない原因はこれかもしれない。

おにたん13 “失い”という表現からもイレギュラーでポセイドンがいなくなったと考えるのが自然。となると第三特異点でのドレイクの行動が関連している可能性も高そう。あのシナリオにはオリオンたちも登場していたので、2部5章公開前に再度チェックしておいた方が良さそうですね・・・

③BC12000について

神代

第1部7章で語られた神との決別の物語、そこで14000年前に大規模な災害があり、神の時代は衰退したと説明された。つまりBC12000年はこの大規模な災害があった時期と重なるということになる。FGO以外のFateシリーズではこの大災害がより掘り下げられて説明されており、この時代に神々は一度蹂躙されているという認識でいいだろう。異聞帯の可能性としてあるのは、この災害でギリシャの神々が蹂躙される前に撃退に成功した世界というもの。

④異聞帯の王は?

IMG_2681

イヴァン、スカディ、始皇帝、アルジュナに続く4人目の異聞帯の王。基本的に本来の歴史と異なった形で生存している人物たちが王として登場した。今回はすでに名前が出ているゼウスや某災害と戦ったと言われているマルス(アレス)などが候補になる。

⑤星間都市山脈■■■■■■は?

山脈というワードとギリシャ神話世界からオリンポス山(オリュンポス)と予想。ゼウスらオリュンポス12神の居住地で、ギリシャにある山。ちなみにオリンポス山は世界中にあるため、それらが集まった山脈と考えることもできるだろう。さらに火星にもオリンポス山はあり、そこも繋がっているとなると星間都市山脈というワードとピッタリ繋がる。

ギリシャ異聞帯ということもある?

ムービー収録

大西洋異聞帯というワードとギリシャ異聞帯というワードがどちらも劇中に登場している。この二つが同じものを示しているのかそれとも大西洋と別にギリシャ異聞帯があるのかは現状不明

⑥撃ち落とされる神は誰なのか?

ロストベルト5-2

「黒き最後の神」や「紅の月下美人」など物語のキーパーソンを現してきたロストベルトのタイトルだが、今回は「神を撃ち落とす日」。表現的に人物を現しているとは考えにくく、重要なのは撃ち落とされている神が誰なのか。ゼウスたちオリュンポスの神々なのか、異星の神なのかどちらにせよ神を討ち亡ぼすほどのサーヴァントや登場人物が現れることになりそう。

おにたん10 日を陽と解釈すれば神を撃ち落とす太陽としてドレイクやカルナが該当しそう。ドレイクは今回の異聞帯で登場が期待されるので、このタイトルも彼女を示すと考えてもいいのですが、既存のサーヴァントがタイトルになるというのは考えにくいです。

クリプター陣営の登場人物

キリシュタリア・ヴォーダイム

キリシュタリア-2

クリプターたちの実質的なリーダーである人物。2章で語られた経緯によると、本来異星の神に選ばれたのは彼一人で、彼の支払った対価によって他のクリプターは生き残ることができた。マリスビリーの一番弟子と言われており、彼の目論見もある程度知っていたと思われる。ゼウスを盟友と呼んでいるため、ゼウスが異聞帯の王だとすると珍しく異聞帯の王と上手くやっている人物と言える。

空想樹はすでに大きく成長済み

アトラスの世界樹

キリシュタリアがすでに地表の八割を空想樹が根付いていると発言。1〜4章の空想樹とは規模が大きく異なっているようだ。

本当に異星の神に従っているのか?

ペペ スルト

2部4章で異星の神とクリプターの目的が異なっていることが判明。さらに過去の発言からキリシュタリアはスルトを切り札にするつもりだった様子。スルトの宝具はエクスカリバーと同じ星が作り出した”神すら殺す”兵器で、我々と表現からもクリプターたちの切り札として使うつもりだったと想定される。ただし、クリプターがカルデア相手に使う兵器としていまいち噛み合わないようにも思える。仮の話ではあるが、星の聖剣が異星からの侵略者に機能したことを考えるとスルトが切り札になる敵はもしかすると・・・

生き残ったクリプター

かドック ぺぺ-2

ロシア異聞帯のカドック、インド異聞帯のペペロンチーノは生存し、ギリシャへ逃れている。どのような形になるかは不明だがが、彼らが登場することもあるだろう。

デイビット

デイビット グランド

おそらくグランドクラスと思われるサーヴァントを引き連れて登場。移動はコヤンスカヤに頼っているようで、彼自身に異聞帯間を移動する能力はない。サーヴァント並みの直感を有しており、ペペロンチーノの相談に適切な答えを出していた。

配下の神霊

1

キリシュタリアが従えている3騎の神霊サーヴァント。そのうち一騎はカイニスと判明しているが残りは不明。予言ができること以外の詳細は不明だが、アルテミスの面倒をカイニスが見ていることから彼女もこの陣営のサーヴァントなのかもしれない。

おにたん12 アルテミスが出てくる上に予言となると、彼女の兄であるアポロンが出てきそう。他にもアルテミスやイシュタルのこれまでの発言から、ギリシャの神々の真の姿はロボットな可能性もあり、どんな姿かどうかも非常に気になる。

マリスビリーとクリプター

クリプター

4章でペペロンチーノの口からクリプターという名称は、異星の神に与えられたものではなく、もともとマリスビリーが贈った称号だと確定。これまでの経緯も含めてマリスビリーがどのような計画を持っていたのかが今後のストーリーで明らかになるはず。

異星の神の使徒陣営の登場人物

キャスター・リンボ

リンボ 蘆屋道満

またも本人とは戦えなかったキャスターリンボ。予想通り異星の神の3騎の使徒たるアルターエゴの一角と確定した。また、ホームズが「安倍晴明」と呼んだことから、蘆屋道満という名前はカルデア側には認知されていない様子。彼の行動的に異聞帯の成功=空想樹の完成、異性の神の目的達成とはならない様子。

コヤンスカヤ

コヤンスカヤ コヤンスカヤ-2

目的らしきものが判明したコヤンスカヤさん。インドや中国など自身の逸話に関連する地域では尻尾を出せないなどの発言もあった。となると、玉藻の前伝説と関わりのない今後の異聞帯で彼女が本領発揮する場面が見られるかもしれない。

2部のアサシンの真名考察はこちら

言峰綺礼(ラスプーチン)

ラスプーチン 異性の使徒

随分顔を出していないが、ギリシャの海で汎人類史の英霊と戦闘を行なっているらしい。久しぶりなので忘れている人も多そうだが、彼自身の目的は「生まれ落ちる、新たな生命の祝福」という彼らしいもの。

異星の巫女

ムービー収録 Uチャン

OPなどで登場した謎の存在。ペペロンチーノの口からUちゃんというあだ名が明らかにされた。コミュニケーションは取れないが、クリプターたちを視ているらしい。

その他の登場人物

キャプテン

キャプテン・ネモ トリトン

シオンが召喚したサーヴァントで幻霊。4章でネモ船長とポセイドンの息子トリトンがその正体と判明。「ノーチラス」の衝角を取り付けたシャドウボーダーをノーチラスと定義させ、あらゆる海を超えられるようにさせた。大西洋異聞帯を覆う神代の海を航行するためのキーパーソンとなる。また、その伝説からネモ船長はアトランティスに到達したともされているので、その点も含めてこの異聞帯攻略の鍵を握ると言えるだろう。

キャプテンの真名考察はこちら

ダ・ヴィンチちゃん

哪吒 ダヴィンチ

大活躍が続くダヴィンチちゃんだが、本人はかつての「レオナルド・ダ・ヴィンチ」と自身を比較してうまくできているかを気にしがちな傾向がある。また、哪吒によると無理をしているらしく、登場する原因となった言峰綺礼のいる異聞帯への突入は彼女自身に大きな影響を与えるかもしれない。

おにたん03 今回はたまに登場する「星の開拓者」に該当するサーヴァントが勢揃いしそうな異聞帯。 現在のダ・ヴィンチちゃんはFGOACで「星の開拓者」を所持していなかったのですが、その辺りが掘り下げられたり、そもそもダ・ヴィンチがなぜ星の開拓者なのか?とかの解説があると個人的に嬉しい!

カルデアの者

4章でもまた登場した人物。昔から行動原理は変わっていないらしく、ガワが重要=元々は人間の見た目をしていなかったことがわかった。また普通に舌打ちをしていたように描写されたため、これまでの舌打ちのような音は、そのままの意味と受け取って良さそう。

アトランティスで登場しそうなサーヴァント

三連星のサーヴァント

オリオン

三ツ星ベルトの謎の人物。アルテミスの登場が予告されている上、ギリシャなのでおそらく彼だろう。これまで彼本人の実力は明らかになってこなかったが、アルテミスのセリフ的には彼女に匹敵するか上回る実力を有しているはずなので、味方なら頼りになる存在と言える。

ペルセウス

ずっと登場が噂されたサーヴァントで、ギリシャ神話の世界ということで登場に期待したい。プロト世界のペルセウスとStaynight世界のペルセウスは別人なようだが、アルトリアのいる世界という点から考えると間桐慎二に似ていると言われているStaynightのペルセウスが登場することになりそう。

イアソン

ec7fbd04f54b0e59be40cd79093b2dad-2-2

アルゴノーツを率いた英雄。立ち絵のみ登場して間も無く4年経過しようとしている男。

バーソロミュー・ロバーツ

fgo_サラザール3

海に出現していそうなサーヴァント。ギリシャとはあまり関係がない。

バーソロミューの詳細・予想はこちら

既存のサーヴァントたち

アキレウス

既存のサーヴァントたちも何騎か登場しそう。今回と同様にギリシャ、大西洋に関連する人物が召喚、追随してくれることになると思われる。

理由
fates_206
アキレウス
・呼べと言っていた
・霊衣とかどうですか?
ヘラクレス
ヘラクレス
・最強クラスの英雄
・別クラスでの登場にも期待

メドゥーサ
・ペルセウスが出るならいそう

ドレイク
・ポセイドンを打倒したらしい
・星の開拓者が勢ぞろいするチャンス?
ニコラ・テスラ
テスラ
・雷霆を人類の手に引き寄せた男
・ゼウスが登場するなら出てきてほしい
・彼も星の開拓者
エレナ・ブラヴァツキー
エレナ
・アトランティスのイメージを固定した一因
・多少出番があるかもしれない
アルテラ
アルテラ
・BC12000の関係者
・FGOでのアルテラでは微妙に役割が違うかも

FGO​攻略関連リンク​

FGO攻略 関連リンク
FGO攻略wikiトップページへ
星5最強-min星5ランキング 星4最強-min星4ランキング
お役立ち情報
霊基再臨素材-min素材ドロップ効率まとめ ストーリー&フリクエ報酬-minストーリー攻略まとめへ

1700万DLキャンペーン

1700万DLキャンペーン
キャンペーン
fgo_星4種火,キャンペーンまとめ レアプリ限定ミッション
ネロブライドネロブライド 聖晶石ガチャシミュ
1700万DLキャンペーンまとめはこちら

2部4章ユガクシェートラ

ユガバナー
PU2
アルジュナオルタ-2アルジュナオルタ アシュヴァッターマン-2アシュヴァッターマン
アスクレピオス-2アスクレピオス
攻略情報
midashi_a_01ストーリー攻略 midashi_a_01フリクエ情報
真理の卵-2新素材1 禍罪の矢尻-2新素材2
PU1
ガネーシャ_ジナコジナコ ラクシュミーラクシュミー
ウィリアム・テルウィリアム・テル
ユガクシェートラ攻略はこちら




最初にコメントにしてください

コメントを残す

Your email address will not be published.