タカラトミー、18年3月期は売上高5%増、営業益70%増に 国内は「リカちゃん」など定番商品好調 海外ビジネスの収益性改善が利益押し上げる



タカラトミー、18年3月期は売上高5%増、営業益70%増に 国内は「リカちゃん」など定番商品好調 海外ビジネスの収益性改善が利益押し上げるタカラトミー<7867>は、5月11日、2018年3月期の連結決算を発表、売上高1773億円(前年同期比5.8%増)、営業利益131億円(同70.4%増)、経常利益124億円(同58.8%増)、最終利益79億円(同48.2%増)となった。 売上高は、国内およびアジア市場での玩具販売が好調に推移したことに加え、「トランスフォーマー」「ベイブレードバースト」の海外向け輸出が増加したことで増収となった。営業利益は、売上高の伸長および在庫評価減の減少などにより売上総利益が増加したことに加え、海外ビジネスによる収益性が改善したことにで大幅な増益での着地となった。なお、最終利益は、アメリカズにおける無形固定資産の減損損失などの特別損失26億円を計上したものの、それをこなして大幅増益を確保した。<国内市場>2017年に50周年を迎えた「リカちゃん」や、テレビアニメ「トミカハイパーレ[...]

タカラトミー、18年3月期は売上高5%増、営業益70%増に 国内は「リカちゃん」など定番商品好調 海外ビジネスの収益性改善が利益押し上げる is a post from: Social Game Info




最初にコメントにしてください

コメントを残す

Your email address will not be published.