モバイルファクトリー、中間の営業利益を4.05億円から5.40億円に大幅上方修正…『駅メモ!』好調とプロモーション費用の効率化で



モバイルファクトリー、中間の営業利益を4.05億円から5.40億円に大幅上方修正…『駅メモ!』好調とプロモーション費用の効率化でモバイルファクトリー<3912>は、本日(7月12日)、第2四半期累計(2019年1~6月)の連結業績予想を上方修正し、売上高を15億5800万円から16億6000万円、営業利益と経常利益をそれぞれ4億0500万円から5億4000万円、最終利益を2億8000万円から3億4000万円にそれぞれ引き上げた。従来予想からの修正率は、売上高が6.5%増、営業利益と経常利益が33.1%増、最終利益を21.2%となった。 同社では、売上高については、位置情報ゲーム『ステーションメモリーズ!(駅メモ!)』が好調に推移するとともに、他のサービスも概ね想定どおりの着地が見込まれているため、と説明している。また、費用ついても、プロモーション費用が媒体ごとの精査や投資対効果を検証したうえでの出稿を行ったことで計画を下回り、売上高とともに利益の上振れ要因となった。[...]

モバイルファクトリー、中間の営業利益を4.05億円から5.40億円に大幅上方修正…『駅メモ!』好調とプロモーション費用の効率化で is a post from: Social Game Info




最初にコメントにしてください

コメントを残す

Your email address will not be published.