【決算分析】ブロッコリーの1Qの減益要因はコンテンツの不振ではなく先行投資…『ジャックジャンヌ』の広告宣伝と人材採用費・教育研修費が増加



【決算分析】ブロッコリーの1Qの減益要因はコンテンツの不振ではなく先行投資…『ジャックジャンヌ』の広告宣伝と人材採用費・教育研修費が増加ブロッコリー<2706>の第2四半期の業績は、売上高が前年同期比で3.6%増の12億7900万円となった。『うたの☆プリンスさまっ♪』関連の売上が低下したものの、トレーディングカードゲーム『Z/X(ゼクス)』の販売と、他社ライセンスグッズの売上が伸びたことが主な要因だ。他社ライセンスの内訳は、ぬいぐるみ「ちゅんコレ」と、他社イベント用グッズの卸売が主な内容になるという。売上の伸びに伴い、売上総利益も同6.4%増の4億4000万円と伸ばすことに成功したものの、営業利益は同47.7%減の6100万円にとどまった。販売管理費が同28.1%増の3億7800万円と伸びたことで収益を圧迫した。新規コンテンツ『ジャックジャンヌ』の広告・宣伝に係るプロモーション費が増えたことに加えて、中期経営計画推進に伴う人員拡充に伴う人件費の増加、教育研修費などが増加した。 つまり、今回の減益は、[...]

【決算分析】ブロッコリーの1Qの減益要因はコンテンツの不振ではなく先行投資…『ジャックジャンヌ』の広告宣伝と人材採用費・教育研修費が増加 is a post from: Social Game Info




最初にコメントにしてください

コメントを残す

Your email address will not be published.