ハピネット、18年3月期の営業益は30%増の48億円と大幅増益…「Nintendo Switch」のハードと関連ソフト好調



ハピネット、18年3月期の営業益は30%増の48億円と大幅増益…「Nintendo Switch」のハードと関連ソフト好調ハピネット<7552>は、5月11日、2018年3月期の連結決算を発表し、売上高1976億円(前の期比13.5%増)、営業利益48億円(同30.0%増)、経常利益47億円(同35.1%増)、最終利益40億円(同97.6%増)だった。大幅な増益となったが、同社では、「Nintendo Switch」のハードと関連ソフトが好調に推移したことに加え、映像音楽事業で一部ヒット商品に恵まれたため、としている。またSRAとの訴訟の控訴審判決に伴い、受取賠償金を特別利益として計上した。 各セグメント別の状況は以下のとおり。①玩具事業売上高714億円(同3.2%減)、セグメント利益は24億円(同19.0%減)だった。バンダイの「仮面ライダービルド」や「HUGっと!プリキュア」などの一部商材は好調に推移したが、最大の商戦期であります年末商戦において、ビデオゲームの好調が玩具に影響した。[...]

ハピネット、18年3月期の営業益は30%増の48億円と大幅増益…「Nintendo Switch」のハードと関連ソフト好調 is a post from: Social Game Info




最初にコメントにしてください

コメントを残す

Your email address will not be published.