【SPAJAM2019】参加9チームが「ホーム」をテーマにしたアプリを発表! 片付けなど身近なテーマから難民問題まで多様なアプリが出揃う!



【SPAJAM2019】参加9チームが「ホーム」をテーマにしたアプリを発表! 片付けなど身近なテーマから難民問題まで多様なアプリが出揃う!モバイル・コンテンツ・フォーラム(MCF)は、この日(7月14日)、スマートフォンアプリのハッカソンイベント「スマートフォンアプリジャム2019」(SPAJAM 2019)本選の最終プレゼンを開催した。各チームは、テーマ「ホーム」に基づいて開発したアプリをアピールした。プレゼンテーションの後、審査員による実機テストを経て、最優秀賞をはじめとする各賞を決定し、本日中に発表となる。各チームの発表したアプリは以下のとおり(発表順)。【チーム名】NemuinGO(福岡予選最優秀賞)【メンバー】野口 和宏、大坪 敦、前田 恵里【アプリ名】『ビジュアルーム』【内容】片付けのモチベーションを上げるアプリ。記録するカメラアプリと差分を評価するアプリを開発。カメラなどできれいな状態の部屋を記録し、差分をとって部屋の状態を判断する。部屋の中が散らかると自分がどれだけきれいな状態で部屋を維持しているか、点数が表[...]

【SPAJAM2019】参加9チームが「ホーム」をテーマにしたアプリを発表! 片付けなど身近なテーマから難民問題まで多様なアプリが出揃う! is a post from: Social Game Info




最初にコメントにしてください

コメントを残す

Your email address will not be published.