スパイク・チュンソフト、2019年3月期の最終利益は5.7%増の4億4600万円…『官報』で判明



スパイク・チュンソフト、2019年3月期の最終利益は5.7%増の4億4600万円…『官報』で判明カドカワ<9468>グループのスパイク・チュンソフトは、本日(7月17日)付の『官報』に「第37期(2019年3月期)決算公告」を掲載し、最終利益は前の期比5.7%増の4億4600万円だった。前の期(2018年3月期)は4億2200万円だった。同社は、ドワンゴの子会社で、ゲームコンテンツの企画・開発・販売・運営を行っている。ディー・エヌ・エー<2432>と共同で『世紀末デイズ』を2018年7月にリリースしたものの、今年の8月19日にサービスを終了することが決まっている。このほか、『ザンキゼロ』や『コナン アウトキャスト』『メトロ エクソダス』『PixARK』『シティーズ: スカイライン PlayStation4 Edition』などを販売したほか、『JUMP FORCE』の開発を担当したとのこと。   [...]

スパイク・チュンソフト、2019年3月期の最終利益は5.7%増の4億4600万円…『官報』で判明 is a post from: Social Game Info




最初にコメントにしてください

コメントを残す

Your email address will not be published.