【ゲーム株概況(7/17)】今期の業績回復見通しや新作開発材料にサイバーステップがS高 新株予約権による希薄化懸念でモブキャストHDが大幅反落



【ゲーム株概況(7/17)】今期の業績回復見通しや新作開発材料にサイバーステップがS高 新株予約権による希薄化懸念でモブキャストHDが大幅反落7月17日の東京株式市場では、日経平均株価は続落し、前日比66.07円安の2万1469.18円で取引を終えた。米国のトランプ大統領の発言により、米中貿易交渉の協議が長引くとの見方から朝方から売り物が先行した。そうした中でゲーム関連株の動きを見てみると、サイバーステップ<3810>がストップ高した。サイバーステップは、前日7月16日に発表した2019年5月期決算とともに開示した2020年5月期通期の連結業績予想が大幅な業績回復見通しとなっていることや、女性向け新作スマホゲームの開発を開始したと発表したことなどが評価材料となっているようだ。また、アカツキ<3932>やモバイルファクトリー<3912>、enish<3667>なども買われた。enishは、中国語版の事前登録が好調な未来型アクションRPG『VGAME』のPVやキャラクター情報を公開する[...]

【ゲーム株概況(7/17)】今期の業績回復見通しや新作開発材料にサイバーステップがS高 新株予約権による希薄化懸念でモブキャストHDが大幅反落 is a post from: Social Game Info




最初にコメントにしてください

コメントを残す

Your email address will not be published.