【パズドラ攻略】ハイレン評価・考察・使い方



この記事は、「快活の療龍喚士・ハイレン」の評価記事です。
ステータス詳細やリーダー・サブとして使用する場合、参考にして下さい。

※ライターによる考察です。1つの意見としてご覧下さい。

ハイレン 評価


目次
ステータス詳細 リーダー評価 サブ評価
おすすめの潜在覚醒 おすすめの覚醒バッジ 総合評価
最新情報まとめ モンスター評価
最新記事一覧 究極攻略DBトップ

ステータス詳細

快活の療龍喚士・ハイレン

属性 副属性 タイプ コスト
ドラゴン/バランス 70
HP 攻撃 回復
最大Lv99 5,205 2,603 780
各+99 6,915 3,098 1,077
限界突破 5,986 2,993 897
各+99 6,976 3,488 1,194


スキル「ライフイメージング」 Lv.最大
HPと覚醒無効状態を全回復。1ターンの間、受けるダメージを無効化。 12ターン
リーダースキル「粒機の召龍印」
火と水を同時に6個以上つなげて消すと攻撃力が25倍。2コンボ加算。火属性のHPが2倍。
覚醒スキル
バインド耐性 バインド耐性 火属性強化 火属性強化 火属性強化
火属性強化 火属性強化 火属性強化
付けられる潜在キラー
神キラー ドラゴンキラー 悪魔キラー マシンキラー
バランスキラー 攻撃キラー 体力キラー 回復キラー
付けられる超覚醒スキル
ダメージ無効貫通 askill_53 askill_56

リーダー評価

適性 LS系統 HP/攻撃倍率

火力と耐久力を備えたリーダー

ハイレンはHPに「2倍」、攻撃力に「25倍」の倍率がかかるリーダーです。火力・耐久力共に文句なしの性能で、どんなダンジョンでも渡り合える倍率になっています。2コンボ加算の効果もついており、コンボ吸収相手にも有利に戦える点も大きいです。

欠損は避けられない

ハイレンのリーダースキルを発動するためには火ドロップと水ドロップがそれぞれ6個以上必要です。そもそも盤面にドロップが揃っていることの方が珍しいため、ドロップを確保する手段は必須と言えます。スキルターンの早い生成持ちなどを編成して、なるべく欠損が発生しないよう心がけましょう。

サブ評価

適性 スキル系統 HP/覚醒無効回復・ダメージ無効

2ターン耐久可能なスキル

ハイレンのスキルには「ダメージ無効」と「HP全回復」の効果があるため耐久に向いています。HPが大きく減らされた時に使うことでHPを回復しつつそのターンの攻撃を防げるため、実質的に2ターンの猶予を作ることが可能です。発狂ダメージも受け流すことが可能なため、倒しきれなかった時の保険としても有用です。

パーティーを選ぶ覚醒スキル

ハイレンの覚醒スキルは「バインド耐性」と「火属性強化」のみというかなり偏った構成になっています。ドロップをつなげるパーティーに編成すれば火力を底上げできる反面、それ以外のパーティーで活躍するのは難しいモンスターです。他の覚醒を持たないことも含めて、編成するパーティーを選ぶ1体と言えるでしょう。

おすすめの潜在覚醒

潜在 オススメの理由
スキル遅延耐性 いざという時に使えるようにしておきたい
神キラー バランスタイプなので全てのキラーをつけることが可能
操作時間延長 列を組むなら操作時間が欲しい

おすすめの超覚醒

順位 潜在 オススメの理由
1 askill_56 汎用性が高い
2 askill_53 列を組むのに操作時間が欲しい
3 ダメージ無効貫通 火属性強化とそこまで相性は良くない

おすすめの覚醒バッジ

ハイレンは回復倍率を持たないため、「回復バッジ」で補いましょう。また、「スキルブーストバッジ」「封印耐性バッジ」で自分の持っていない覚醒を補うのもアリです。

覚醒バッジ一覧
回復 スキルブースト 封印耐性

総合評価

ドロップをつなげるパーティーのサポート役

ハイレンのリーダースキルは欠損が起きやすく、普段使い向きではありません。
サブで使うにしても編成するパーティーを選びますが、列寄せのパーティーに編成することで真価を発揮します。火属性強化でパーティーの火力を向上できるだけでなく、スキルでサポートもできる優秀な1体として活躍してくれることでしょう。

最新情報まとめ モンスター評価
最新記事一覧 究極攻略DBトップ

パズドラ攻略 ・販売元: APPBANK INC.
・掲載時のDL価格: 無料
・カテゴリ: エンターテインメント
・容量: 119.4 MB
・バージョン: 4.1.6
※容量は最大時のもの。機種などの条件により小さくなる場合があります。




最初にコメントにしてください

コメントを残す

Your email address will not be published.