デジタルハーツ、2019年3月期の最終利益は10億2900万円 ゲーム開発とCG制作のフレイムハーツは9600万円



デジタルハーツ、2019年3月期の最終利益は10億2900万円 ゲーム開発とCG制作のフレイムハーツは9600万円デジタルハーツは、本日(7月18日)付の「官報」に2019年3月期(第18期)の「決算公告」を掲載し、最終利益は10億2900万円だった。有価証券報告書によると、売上高は162億0300万円、経常利益は15億1300万円だった。同社は、デジタルハーツホールディングス<3676>の子会社。よく知られているように、コンシューマーゲームやスマートフォンゲームなどのデバッグ・テストサービスを展開している。近年では、ゲーム以外にも事業領域を拡大しており、企業システムのテストやセキュリティ関連のサービスも提供しているという。 このほか、グループ会社も決算公告を掲載している。ゲーム開発及び CG 映像制作などを行うフレイムハーツの最終利益は9500万円だった。プレミアムエージェンシー、G&D、デジタルハーツ・ビジュアルが合併する形で2016年1月に設立された。インターネット通信関連[...]

デジタルハーツ、2019年3月期の最終利益は10億2900万円 ゲーム開発とCG制作のフレイムハーツは9600万円 is a post from: Social Game Info




最初にコメントにしてください

コメントを残す

Your email address will not be published.