【株式】モバイルファクトリーが後場に入って急落…2Q決算で開示した今期の“弱気”予想を嫌気 下期は売上高、利益とも上期を大きく下回る前提に



【株式】モバイルファクトリーが後場に入って急落…2Q決算で開示した今期の“弱気”予想を嫌気 下期は売上高、利益とも上期を大きく下回る前提にモバイルファクトリー<3912>が後場に入って急落した。同社は、本日(7月19日)の前場引け後に2019年12月期の第2四半期決算を発表しており、その中でこれまで非開示とし、新たに開示した2019年12月期通期の連結業績予想が、売上高で前期比5.3%増、営業利益で同6.0%増、経常利益で同6.0%増、最終利益で同0.6%増と1ケタ増収増益予想にとどまったことが嫌気されている。単純計算で、下期は売上高14億7400万円、営業利益3億5700万円、経常利益3億5600万円、最終利益2億4600万円と、上期実績の売上高16億6300万円、営業利益5億4300万円、経常利益5億4300万円、最終利益3億4200万円を大きく下回る前提となっており、市場で弱気な予想を嫌気する動きが広がっているようだ。【関連記事】【詳報】モバイルファクトリー、2QはQonQで売上高18%増、営業益28%増に[...]

【株式】モバイルファクトリーが後場に入って急落…2Q決算で開示した今期の“弱気”予想を嫌気 下期は売上高、利益とも上期を大きく下回る前提に is a post from: Social Game Info




最初にコメントにしてください

コメントを残す

Your email address will not be published.