【モバイルファクトリー決算説明会速報】通期計画は「かなり保守的みている」(深井COO) 下期は『駅メモ!』で長期的運営を見据えた基盤強化への投資も



【モバイルファクトリー決算説明会速報】通期計画は「かなり保守的みている」(深井COO) 下期は『駅メモ!』で長期的運営を見据えた基盤強化への投資もモバイルファクトリー<3912>は、7月19日、東京都内で決算説明会を開催した。説明会では、同社の深井COO(写真)と執行役員【管理管掌】の佐藤氏が2019年12月期の第2四半期(1~6月)の決算や事業の概要についてを説明した後、質疑応答が行われた。今回はその中から同社の今期の見通しについてを取り上げたい。単純計算で、下期は売上高14億7400万円、営業利益3億5700万円、経常利益3億5600万円、最終利益2億4600万円と、上期実績の売上高16億6300万円、営業利益5億4300万円、経常利益5億4300万円、最終利益3億4200万円を大きく下回る前提となっている同社の通期見通しだが、売上高については「かなり保守的みている」(深井COO)としていた。一方、利益面については、「収益的に依存度が高い『駅メモ!』で長期的運営を見据えた投資を行う」(同)ことも影響するという。『駅メ[...]

【モバイルファクトリー決算説明会速報】通期計画は「かなり保守的みている」(深井COO) 下期は『駅メモ!』で長期的運営を見据えた基盤強化への投資も is a post from: Social Game Info




最初にコメントにしてください

コメントを残す

Your email address will not be published.