AppBank、第1四半期は赤字幅縮小…ストアの販管費削減が寄与



AppBank、第1四半期は赤字幅縮小…ストアの販管費削減が寄与AppBank<6177>は、5月11日、第1四半期(1~3月)の連結を発表し、売上高3億4400万円(前年同期比23.6%減)、営業損益9100万円の赤字(前年同期1億円の赤字)、経常損益9100万円の赤字(同1億0100万円の赤字)、最終損益7500万円の赤字(同1億0200万円の赤字)だった。 同社では、メディア事業、ストア事業ともに売上高は前年同期を下回ったものの、ストア事業の販売管理費の削減等により、営業赤字は縮小した、としている。続く2018年12月通期は、売上高18億円(前期比1.6%減)、営業損益1億3700万円の赤字、経常損益1億4200万円の赤字、最終利益1億4000万円の赤字を見込む。 [...]

AppBank、第1四半期は赤字幅縮小…ストアの販管費削減が寄与 is a post from: Social Game Info




最初にコメントにしてください

コメントを残す

Your email address will not be published.