サンリオ、18年3月期は減収減益…インバウンドやアジア圏、アニメコラボ好調も地方と欧米市場が低迷



サンリオ、18年3月期は減収減益…インバウンドやアジア圏、アニメコラボ好調も地方と欧米市場が低迷サンリオ<8136>は、5月11日、2018年3月期の連結決算を発表し、売上高602億円(前の期比3.9%減)、営業利益57億円(同17.0%減)、経常利益60億円(同17.0%減)、最終利益49億円(同23.9%減)だった。 同社では、欧米市場での商品ライセンス収入の回復の遅れが影響したほか、地方における消費低迷の影響が響いたため、としている。他方、中国を中心としたアジア市場や、海外観光客のインバウンド需要による国内の大都市圏での復調、テーマパークの活況や他社アニメ系コンテンツとのコラボレーションなどが好調だったという。続く2019年3月期は、売上高606億円(前期比0.6%増)、営業利益52億円(同9.3%減)、経常利益54億円(同10.3%減)、最終利益30億円(同39.1%減)を見込む。 [...]

サンリオ、18年3月期は減収減益…インバウンドやアジア圏、アニメコラボ好調も地方と欧米市場が低迷 is a post from: Social Game Info




最初にコメントにしてください

コメントを残す

Your email address will not be published.