【詳報】コーエーテクモHD、1Qのエンタテインメント事業は売上高13%減、セグメント利益65%減に 主力タイトルリリースなく減収減益



【詳報】コーエーテクモHD、1Qのエンタテインメント事業は売上高13%減、セグメント利益65%減に 主力タイトルリリースなく減収減益コーエーテクモホールディングス<3635>は、7月2日、2020年3月期の第1四半期(4~6月)の連結決算を発表、売上高72億2800万円(前年同期比10.9%減)、営業利益9億5600万円(同58.3%減)、経常利益12億4700万円(同67.4%減)、最終利益22億1000万円(同22.1%減)となった。 主力タイトルの発売を第2四半期以降に予定していることから前年同期比では減収減益での着地となった。なお、最終利益は、グループが保有する賃貸用不動産の一部売却により、特別利益を15億5900万円計上したことが影響している。なお、主力のエンタテインメント事業は、売上高63億8500万円(前年同期比13.4%減)、セグメント利益7億3800万円(同65.4%減)となった。昨年はIP許諾タイトルである『新三國志』のロイヤリティ収入が収益に大きく貢献しており、その反動も出て[...]

【詳報】コーエーテクモHD、1Qのエンタテインメント事業は売上高13%減、セグメント利益65%減に 主力タイトルリリースなく減収減益 is a post from: Social Game Info




最初にコメントにしてください

コメントを残す

Your email address will not be published.