【ポケモンGO】今日でリリース3周年! 当時の思い出を「#思い出GO」のハッシュタグで投稿してみよう



7月22日、日本で『ポケモンGO(Pokémon GO)』がリリースされてちょうど3年が経過。『ポケモンGO』の思い出を語り合える「#思い出GO」のハッシュタグを紹介します。(文:えだまめ)

『ポケモンGO』リリース3周年おめでとうございます!

本日7月22日、日本で『ポケモンGO』がリリースされてちょうど3年が経過しました。

▼3周年記念ということで、公式ツイッターにて『ポケモンGO』にまつわる思い出を募集しています。

参加方法は「#思い出GO」というハッシュタグをつけて投稿するだけ!
トレーナーの皆さんの素敵な思い出を語りまくっちゃいましょう(投稿数に制限などもないので)!

▼筆者も実際に投稿してみました。

投稿した画像はリリース直後くらいに撮影したスクリーンショットなのですが、当時のジムバトルは今とかなりシステムが違い、10体まで配置可能&同じポケモンを配置することも可能でした。

なので、カイリューなどをたくさん置かれてしまうと崩すのがかなり難しく(当時はレイドバトルもなく、強いポケモンを手に入れるのが本当に大変でした……)、自分のポケモンを配置できた時の達成感は凄まじいものでした。

▼これは初めてジムにポケモンを配置した時のスクリーンショット。上野公園で捕まえた「ブーバー」が手持ちで最強だったので配置したことを覚えています。


▼コインをもらうシステムも今とは全く違い、任意のタイミングでコインを受け取るボタンをタップ(21時間に1度だけタップ可能)することで、自分のポケモンが配置されたジムの数x10コイン(上限は100コイン)がもらえるというシステムでした。


いくら頑張ってジムを崩そうが、ボタンをタップするまでの間に自分のポケモンが追い出されてしまうとコインが貰えないので、超ダッシュで各ジムを崩し回って必死にボタンをタップ(急ぎすぎて連打してましたね笑)していたことを覚えています。

『ポケモンGO』リリース3周年である今日は「#思い出GO」のハッシュタグとともに、思い出を投稿したり、他のトレーナーさんの思い出を読んでニヤニヤしたりするという過ごし方をするというのはいかがでしょうか。

Pokémon GO ・販売元: Niantic, Inc.
・掲載時のDL価格: 無料
・カテゴリ: ゲーム
・容量: 283.6 MB
・バージョン: 1.117.0
※容量は最大時のもの。機種などの条件により小さくなる場合があります。

©2019 Niantic, Inc. ©2019 Pokémon. ©1995-2019 Nintendo/Creatures Inc. /GAME FREAK inc.


『ポケモンGO』記事に関するリクエスト募集!

ポケモンGO』に関する質問や調査・検証してほしいことなど、リクエストを募集中! 「こんな記事が見てみたい!」「これってどうなるの?」など、記事にしてほしいことがあったらリクエストをお願いします!




最初にコメントにしてください

コメントを残す

Your email address will not be published.