【クロノマギア】環境トップに返り咲き!「煽動ゼータ」デッキ紹介!



今回紹介するTier1デッキは、環境トップに返り咲いた「煽動ゼータ」デッキです。

デッキ紹介「煽動ゼータ」

こんにちは。shohei(@sh0he1n0)です。

今回紹介するデッキは、「大海獣オケアノス」の能力調整や「神々の招集者」のアディショナルカードでスペードタイプが強化されたことにより環境トップに返り咲いた「煽動ゼータ」デッキです。

実質1コストで4ダメージ与えることのできるギア1「捨て身の一撃」と、たった1コストで相手クリーチャーを強制的にサモンできるギア2「煽動」という構成は、盤面のやりとりに非常に長けています。

さらに、それらのマギアスキルを発動するのに必要なのが「スペードタイプ」のみという条件の緩さも魅力的なデッキです。

※あくまで雛形のレシピです。
自分のプレイスタイルや手持ちのカードに合わせて入れ替えましょう!


【デッキコード】
114223

【マギアスキル】
ギア1:「捨て身の一撃」
ギア2:「煽動」
ギア3:「レイジオブスペード」

マリガン

スペードクリーチャーのトークンカードをセットできる「復讐の巨神クロノス」や「大海獣オケアノス」を狙いましょう。

Tier1の物質ライザーデッキに対しては「ヒッポカムポス」や「大鯰」、アグロタイプのデッキに対しては挑発と回復効果を持つ「聖竜ソロネ」もキープして良いでしょう。

戦い方

理想ムーブは「復讐の巨神クロノス」または「大海獣オケアノス」セットからスタートし、次のターンにトークンカードがセットされるのと合わせて「謀略の破滅神ロキ」などをセットしてスペードタイプを複数体並ぶ盤面を作ることです。

上記を引けていない場合は、スペードタイプのクリーチャーを2体同時に出せるタイミングでセットしていきましょう。

基本的には、自分が有利に立ち回っている場合は、スペードタイプを2体並べてギア2「煽動」の構えを作って待機。後手に回っている場合は、ギア1「捨て身の一撃」でクリーチャーを除去しながら前述の状況を目指します。盤面が有利かつMPが溜まるまでは、クリーチャーによる攻撃やギア1「捨て身の一撃」で相手の能力者にダメージを与えてはいけません。「大海獣オケアノス」はダメージを与えてもMPを失わせることができるため例外です。

以前の記事でも何度か紹介しておりますが、現環境はサモンされたターンにダメージを受けない「剛体」持ちのクリーチャーが採用されるデッキも存在しますので、当然ギア2「煽動」を使うときはそれを意識する必要があります。「魔女の魔法」は、「剛体」を捲ってしまった場合に「ブタ」に変化させることでその能力を消すことができるので、覚えておきましょう。

理想のリーサル手段としては、ギア2「煽動」により相手がクリーチャーをセットできない状況で「神機クシフォス」をセットして、サモンされたら攻撃+「捨て身の一撃」+「疾風の獣戦士アタランテー」の速攻による攻撃で1ターンで相手のライフを削りきる方法です。

「神機クシフォス」は1枚しか採用しておりませんので、やむを得ない場合を除きリーサルまで温存してください。「霜の巨人フリームスムス」は同じ6コストのため、一度「神機クシフォス」に見せかけてセットして、盤面を処理できるか確かめてから安全に「神機クシフォス」を着地させる戦術も念頭に置いておきましょう。

ゲームが長引くにつれてギア3「レイジオブスペード」による大ダメージも期待できます。ただし、現環境は墓地を消滅するカードも多く採用されているために発動条件を満たすタイプを優先して採用しておらず、狙える機会は少なめです。

ワンポイント

「謀略の破壊神ロキ」は自身がダメージを受けたときステータスがUPするので、ギア1「捨て身の一撃」と非常に相性が良いです。

また、「大海獣オケアノス」と並べばさらにステータスUPに繋がったり、「復讐の巨神クロノス」からセットできる「大鎌の鋼人アダマス」と並べば、盤面にダメージを飛ばすことができたりと相乗効果も期待できるので、使いどころを見極めましょう。


クロノマギア ・販売元: GungHo Online Entertainment, INC.
・掲載時のDL価格: 無料
・カテゴリ: ゲーム
・容量: 262.2 MB
・バージョン: 2.4.0
※容量は最大時のもの。機種などの条件により小さくなる場合があります。

© GungHo Online Entertainment,Inc. All Rights Reserved.
© CHRONO DREAM PROJECT




最初にコメントにしてください

コメントを残す

Your email address will not be published.