リネージュM(リネM)攻略:属性強化の仕組みと狩場別おすすめ属性



『リネージュM』(以下、リネM)では、武器に属性を付与することで、モンスターに追加ダメージを与えられるようになる。この記事では、属性強化の仕組みや、主要な狩場ごとのおすすめ属性をまとめてご紹介。適切な属性の武器を利用して、狩りの効率を上げていこう。

属性強化の特徴・メリット

武器には、「属性強化の巻物」を利用して、火、水、風、土のいずれかの属性を付与することができる。

属性強化の巻物は、血盟ショップから、名誉コイン2,500個で2つ購入できる。使い方はほかの強化の巻物と同じだ

強化に成功すると、武器の頭に「風霊レベル1」といった属性表示が付き、性能に属性ダメージが追加される

属性強化をした武器の特徴は以下の通り。

  • どの属性の敵にも、追加ダメージが入る
  • 敵に有利な属性だと、追加ダメージがアップする
  • 敵に不利な属性だと、追加ダメージがダウンする
  • どの武器にも最大3回属性強化ができ、レベルが高いほど追加ダメージも増える
  • 属性強化の成功率は低め
  • 属性強化に失敗しても武器は消えない
  • 属性強化に失敗しても武器の+値は消えない
  • 属性変更の巻物(25,000名誉コイン)で属性を変えられる

簡単にまとめると、多かれ少なかれどの敵にも追加ダメージが入るので、武器に属性を付与しておいて損はないということ。

属性強化の場合、失敗しても武器が消えたり、+値がなくなったりしない。積極的に利用していこう。

デメリットがあるとするならば、強化の成功率がかなり低いということ。名誉コインが大量に必要になるため、根気強くやるコンテンツであるといえるだろう。

4属性の相性

火、水、風、地の4属性の相性は以下のようになる。

特徴のところでも簡単に触れたが、相性の良し悪しで増減するのは追加ダメージのみ。

ほかのゲームのように、相性が悪いと与えるダメージが全て半減する、ということはないので安心しておこう。

狩場別おすすめ属性

属性強化するタイミングにもよるが、よく行く狩場のモンスターの弱点を突けるものにしたい。

リネージュMは、マップ・ダンジョン単位で、モンスターの弱点が同じ属性であることが多い。弱点属性を突ける武器でダメージを高めて、狩りを効率の良いものにしていこう。

主要な狩場に適正な属性もまとめて紹介していくので、参考にしてみてほしい。

狩場 レベル目安 敵の主な弱点属性
アデン大陸(山賊系) 45~55
ギラン監獄 45~60
南部フィールド 45~60 or
鏡の森 45~60
エヴァ王国 50~
ロサス島 55~
アデンのジプシー村 55~
ドワーフ集落 60~
竜の渓谷(DV) 65~
竜の渓谷ダンジョン(DVC) 65~
エルモア激戦地 70~
火竜の巣 70~
風竜の巣 70~
雪壁 70~

おすすめの属性は?

レベルごとに、狩場の属性傾向をまとめてみると、だいたい以下のようになる。

  • レベル45以下:水属性(エルフの森ダンジョン、グルーディオダンジョンなど)
  • レベル45~60:土属性(山賊、ギラン監獄など)
  • レベル50~65:風属性(南部フィールド、ロサス島、エヴァ王国など)
  • レベル65~:火属性(DV、DVC、エルモアなど)

サブキャラを除くと、おそらく属性強化に着手するのがレベル50以降になるかと思われる。

このあたりの狩場で最も弱点を突けるのは風属性。迷ったら、まずは風属性を武器に付与してみよう。

狩場ごとに属性武器を使い分けると効率的

高級武器は、製作や上級刻印箱で入手しやすいため、複数用意することは難しくない。

アデナや名誉コインに余裕があるなら、属性ごとに複数武器を所持していくのもありだ。

その日挑戦する狩場に応じて持ち替えて、狩りの効率を少しでも高めてみよう。

OEで消失するリスクがあるため、属性を付与するなら、OE後のものであるとベスト。高級武器なら、フルダイの希少級武器より強いことも多く、長く使っていける

サブキャラで属性強化用の名誉コインを集めよう

血盟ショップでは、貴重な魔法書の購入もできる。

戦いの幅を大きく広げてくれるものとなるので、メインキャラはできるだけ魔法書の購入を優先させておきたいところだ。

ただし、魔法書は大量の名誉コインが必要になる。属性強化の巻物の購入を1キャラのみでしていると、いつまでたっても魔法書が購入できない事態になってしまうのだ。

魔法書は1万~8万ほどで購入できるが、これを集めるのはかなり大変

そのため、属性強化の巻物購入用の名誉コインは、サブキャラで集めるのがおすすめ。

名誉コイン自体をキャラ間で共有することはできないが、サブキャラで属性強化の巻物を購入し、倉庫に入れることでほかのキャラに譲渡することは可能。

魔法書購入のため、日課の1つとして、サブキャラの名誉コイン集めも行なっていくといいだろう。

毎日のミッションや血盟クエストなら、育っていないサブキャラでも消化はそれほど難しくない。レベル45もあればじゅうぶん対応可能だ

(C)NCSOFT Corporation. Licensed to NC Japan K.K. All Rights Reserved.




最初にコメントにしてください

コメントを残す

Your email address will not be published.