【インタビュー】「投資フェーズが終わるというメッセージ」 ワンダープラネットCFOの佐藤彰紀氏が明かすCJ機構からの資金調達と減資の狙い



【インタビュー】「投資フェーズが終わるというメッセージ」 ワンダープラネットCFOの佐藤彰紀氏が明かすCJ機構からの資金調達と減資の狙いワンダープラネットといえば、名古屋を本社とし、『クラッシュフィーバー』を国内だけでなく海外でもヒットさせたゲームベンチャーとして知られている。現在、『ジャンプチ ヒーローズ』や『VALKYRIE ANATOMIA -THE ORIGIN-』も海外で展開しており、ヒットを収めつつある。そんなワンダープラネットが先日、クールジャパン機構から最大で10億円の資金調達を行うとのアナウンスを行なった。同社取締役CFOの佐藤 彰紀氏が当サイトのインタビューに応じ、グローバル展開を志向する同社とクールジャパン機構との理念が一致したことや、調達した資金で既存タイトルの強化と新規タイトルの開発費に充当すると語った。同時に資本金1億円への減資を行う予定であることも明らかにした。これまでの資金調達で増えた資本金を減らす選択をすることで、税負担を減らすメリットがあるという。ただ、今回の減資は先行投資のフェーズが終[...]

【インタビュー】「投資フェーズが終わるというメッセージ」 ワンダープラネットCFOの佐藤彰紀氏が明かすCJ機構からの資金調達と減資の狙い is a post from: Social Game Info




最初にコメントにしてください

コメントを残す

Your email address will not be published.