ワンダープラネットが減資 資本金14.6億円、準備金8.5億円減らす 税負担や税務メリット、投資局面終了を示すためと佐藤CFO 前期決算も判明



ワンダープラネットが減資 資本金14.6億円、準備金8.5億円減らす 税負担や税務メリット、投資局面終了を示すためと佐藤CFO 前期決算も判明ワンダープラネットは、本日(7月26日)付の官報で「資本金及び資本準備金の額の減少公告」を掲載し、資本金の額を14億6000万円、資本準備金の額を8億5300万円減らすことを明らかにした。効力発生日は8月31日で、すでに株主総会の決議も完了しているとのこと。この件について、CFOの佐藤彰紀氏は、当サイトのインタビューで、クールジャパン機構から数億円の資金調達を行なっていることや、税負担や税務上のメリットを享受するとともに、会社として先行投資フェーズが終了しつつあることを内外に示すためであると明かした。詳細は、インタビュー記事を確認してほしい。・【インタビュー】「投資フェーズが終わるというメッセージ」 ワンダープラネットCFOの佐藤彰紀氏が明かすCJ機構からの資金調達と減資の狙い なお、前の期(2018年8月期)の決算公告もあわせて公開しており、売上高は26億6400万円、営業損益[...]

ワンダープラネットが減資 資本金14.6億円、準備金8.5億円減らす 税負担や税務メリット、投資局面終了を示すためと佐藤CFO 前期決算も判明 is a post from: Social Game Info




最初にコメントにしてください

コメントを残す

Your email address will not be published.