東映アニメ、第1四半期は減収減益 昨年あった北米向け映像配信権の複数年契約の反動減で アプリは『ドラゴンボールレジェンズ』が好調



東映アニメ、第1四半期は減収減益 昨年あった北米向け映像配信権の複数年契約の反動減で アプリは『ドラゴンボールレジェンズ』が好調東映アニメーション<4816>は、本日(7月26日)、第1四半期(4月~6月)の連結決算を発表し、売上高139億3500万円(前年同期比1.1%減)、営業利益44億8200万円(同6.3%減)、経常利益46億8400万円(同7.6%減)、最終利益33億7900万円(同8.9%減)だった。同社では、前年同期に好調だった収益性の高い北米向け映像配信権販売の反動減があったため、と説明している。 セグメント別の状況は以下のとおり。①映像製作・販売事業売上高は44億700万円(同13.5%減)、セグメント利益12億8500万円(同33.1%減)と大幅な減収減益となった。前年同期に好調だった収益性の高い北米向け映像配信権販売の反動減があった。劇場アニメ部門では、3月に「映画プリキュアミラクルユニバース」、4月に「東映まんがまつり」を公開しました。「東映まんがまつり」の製作代収入が[...]

東映アニメ、第1四半期は減収減益 昨年あった北米向け映像配信権の複数年契約の反動減で アプリは『ドラゴンボールレジェンズ』が好調 is a post from: Social Game Info




最初にコメントにしてください

コメントを残す

Your email address will not be published.